付き合うきっかけはいろいろあっても、「3度デート告白パターンはいまだに王道。何度かデートして、じっくり相手を見極めてから付き合いたい男性も多いんです。

付き合う前のデートはなぜ3回なの?そこで男性は女子の何を見てるの?交際にこぎ着けるコツとは?3回のデートで見られているところをまとめました。

デートは「ノリよく、可く」が重要

初回のデートで見られているのは、「大体のノリ、可さ、話の弾み具合」。

それだけ?と思うかも知れませんが、初デート男性だって緊していることも多いもの。ざっくりしたチェックになりがちです。

話のキャッチボールがきちんとできて、デート前のイメージとかけ離れたビジュアルじゃなくて(女子もスーツ男子の私に幻滅とかありますよね)、非常識な言動がなければまずは合格のはず。緊することがあっても笑顔で過ごしましょう。

また、銭感覚は人それぞれ。「付き合う前におごってしまうと負担に思われるかも」と考える男性もいます。なので、「割り勘だから脈ナシ」など、思い込みで判断しないことも大事です。

「脈ナシか……ショック」と思っているだけなのに「割り勘のお会計後に露テンションが下がる女……ないわ」と、男性が考えることもあります。

2度は「マナー」を見られがち!

初回にべて、細かいところがチェックされるようになるのが2度デートです。たとえばマナー店員さんへの態度も見られています。彼に対してと同じくらい、店員さんにも気遣いができると安心です。

また、手をつなぐ可性も出てくるのが2度デートハンドケアをしっかりしておくことや、「お料理してそう」なシンプルで上品なネイルも大事なポイントです。バッグの中の雑さや靴の脱着マナーなどもチェックされています。

そして「何となく話が弾む」だけでなく、ある程度深い話ができるか?気を許したからと周りの人や職場のグチなどネガティブな話ばかりしていないか、そんなところにもチェックが入ります。

こういうところがに付くと「なんか合わないよな」と思われがち。どれもほんの細なことですが、そのまま連絡が途切れてしまう原因にもなるので、2度デートは気が抜けません。

3度はズバリ「OKしてくれるか?」チェックされてます

デートも3度ともなれば、「そんなことで?」と思うような減点は少なくなるはず。意外な落とし穴になるのが「誘えば来てくれるけど、イマイチアリなのかよくわからない」と思われてしまうことなんです。

今日あたり告白されるかな?どうなのかな?」と緊するあまり、無口になってしまう→「あれ?脈ナシ?」のパターンです。「ちょっとでも不安な点があると告白しない」という男性も多いので、テンションが下がったように見せない心がけは必要でしょう。

を感じさせると告白が遠ざかるので、2度までのデート敬語で話していた場合は、タメ口に移行しておくのも大事です。

また、「告白はされないけど、キスは迫られる」「部屋に行きたい(来てほしい)と言われる」なども3度デートではありがち。

そのまま流されると「付き合ってるの?何なの?」と不安になることも。「告白の代わりに」なのか、「付き合う気はないけど」なのか、女子もちゃんと見極めて。

せっかくの出会い、ムダな誤解は避けよう

付き合う前のデートは、細なことで足切りされがち。「いい感じだったのに連絡が途絶えた」という経験は、もが避けたいはず。

男性がどこを見ているか頭に入れて、うっかり誤解されてしまうのを避けて。

中野亜希/ライター

カツ編集部)

illust_20180611_danshihakokowo_01