2007年初演以降、4度の上演を重ねる、伝説の舞台『宝塚BOYS』。宝塚歌劇団100年をえる歴史の中にかつて「男子部」が特設された、という事実焦点を当てた、可笑しくも切ない青春グラフティであり、多くのファンを獲得している作品で、今回の演発表時も反を呼んだ。

終戦直後の1945年12月から1952年の9年間、4回にわたり、宝塚歌劇団の舞台への出演を的に、男性が募集された。合格者は25人。それぞれの過去を背負う彼らは「明日宝塚スター」を夢見てレッスンに励む。しかし1954年3月、「男子部」は解散。彼らは宝塚大劇場に立つことはできなかった。敗戦から再起してゆく日本とともに夢に懸けた、そんな彼らの青春と挫折を描く。5回の上演となる今回は、初の2チームによる演となり、まったくテイストの異なる2つの「BOYS」が誕生する。

このほど、演のビジュアル開された。

今回のWキャストチーム名、「team SEA」と「team SKY」に相応しく、を基調にし、を着たBOYSチームごとに一斉に並ぶ、シックなビジュアル

一転、チラシの中面は、“今”のキャストたちの自然体のビジュアルを引く。

上記の文字抜き写真が下記。

アフタートークメンバーも決定し、プロモーション映像開された。

動画プロモーション映像 第一弾


 

宝塚BOYS』の演チケットは、東京名古屋久留米大阪、各地ともに6/23(土)に一斉売開始となる。演についての情報詳細は オフィシャルサイト で確認できる。