TBS系6月14(木)1時3分から放送される「ゴロウデラックス」に、「魔女の宅急便」(福音館書店)の作者で、3月に児童文学ノーベル賞と言われるアンデルセン賞の作家賞を受賞した童話作家野栄子が登場する。

【写真を見る】左から外山惠理アナ、角野栄子、稲垣吾郎

野は1985年に出版され、167万部売り上げている「魔女の宅急便」の裏話を告白。「そもそもなぜ魔女主人公にしたのか?」や「なぜキキが始める仕事を“宅急便”にしたのか?」などの素な疑問から、タイトルに入っている「宅急便」の使用について、問題が勃発したことなどを明かす。

さらに、外山理アナが野の自宅兼仕事場に潜入。野こだわりの“いちご色”の本棚やかわいらしいさまざまなコレクションを見た稲垣吾郎は「まさに野さんの世界ですね」と感ワールドに酔いしれる30分となっている。(ザテレビジョン

角野栄子の自宅兼仕事場を見る稲垣吾郎