鍬原は6回途中まで4失点、味方の援護と好救援もあって勝利投手

巨人 6-4 ソフトバンク(14日・ヤフオクドーム

 巨人ドラフト1位鍬原拓也投手が嬉しいプロ初勝利をマークした。14日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦。今季3度先発マウンドに上がった右腕は打線を6回途中4失点に抑え、リードを守って降リリーフリードを守り抜き、このカード勝ち越しに成功した。

 2回に阿部5号ソロ先生した巨人。逆転を許して迎えた4回には4番の岡本が12号2ランを放ってひっくり返した。同点とされた6回には坂本が勝ち越しの9号ソロを放ち、さらに岡本は勝ち越しタイムリー。この回2点を奪って、再びリードした。

 先発の鍬原は2回に松田に2ランを被弾。再び1点リードとなった5回には吉川尚の失策などで試合を振り出しに戻された。2点リードとなった6回に上ソロを浴びて1点差に迫られて降となったが、後を受けた澤村が6回、7回を失点に封じ、8回はマシソン、9回はカミネロが抑えて逃げ切った。5回2/3を投げて4安打4失点だった鍬原がプロ初勝利となった。

 ソフトバンク先発石川が6回を投げて5安打5失点。阿部岡本坂本の3本の本塁打を浴びて今季3敗となった。これで交流戦3カード連続の負け越し。オリックスにかわされて、パ・リーグ4位に転落し、4年連続の交流戦最高勝率も厳しい状況となってきた。(Full-Count編集部)

ソフトバンク対巨人の試合結果