2点リードの9回に登板し、3者退で10セーブ

巨人 6-4 ソフトバンク(14日・ヤフオクドーム

 巨人アルキメデス・カミネロ投手が、14日のソフトバンク戦で160キロっ直ぐを連発した。

 2点リードの9回にマウンドに上がった右腕は簡単に2死とすると、打席に福田を迎えた。2ストライクからの3球ファールとなったボール162キロの表示。5球も161キロを記録すると、6球高めに外れたボール球も162キロをマークした。

 最後はフォーク振り三振って取り、試合を締めくくり10セーブ。今季、ヤフオクドームではこれまでのスピードガンから、高性弾道計測器「トラックマン」で計測された球速を表示する仕様に変更。昨季よりもやや球速が出やすい傾向となっている。(Full-Count編集部)

ソフトバンク対巨人の試合結果