【この記事の動画を見る】

ミネソタ州セントポールで今12日、25階建てのオフィスビルのをよじ登るアライグマが発見された。スパイダーマンもびっくりのこのスタントに、SNSではアライグマ専用の『The MPR Raccoon』といったサイトまで登場し、「私はこのスパイダーマン。ミネソタのセレブUBSビルに登った経験あり」などといった説明まで添えられた。いったいこのアライグマに何が起こったのか?

事の起こりは12日午前11時ごろ、「ミネソタ・パブリック・ラジオMinnesota Public Radio)」のレポーター、ティムネルソン氏が内にあるタウン・スクエアービルの2階部分にいたアライグマについてツイートしたことだった。

アライグマがコンクリートのビルに迷い込んだみたいだ。もう2日も飲まず食わずでいるんじゃないか…。」

これを受けて出動したのがビルのメンテナンス担当者で、20フィート(約6メートル)もある棒を使ってアライグマなんとか1階にまで追いやろうとした。しかし驚いたアライグマは隣接するUBSプラザビルに逃げ込むと、25階建てのビルのを少しずつ登り始めたのだった。

アライグマの様子はネルソン氏によってツイッター実況中継され、「今15階にいるよ。もう見ちゃいられない。落ちなきゃいいけど」「20階まで来た。全てはアライグマにかかっている。々ができるべきことはないようだ」「君はすっかりスターだね。幸運を祈る!」などといった緊感あふれるツイートが続いた。

ゆっくりだが確実にビルの23階まで登ったアライグマはその後、の外に突き出した僅かなスペース寝をするなどかなりのマイペースであったもよう。同階にある法律事務所Paige Donnelly Law Firm」の職員らは、アライグマがまったりとくつろぐ様子を写真に収めて「今のところ元気そうにしているわ。屋上にエサを仕掛けたみたいだから、このままうまく上まで行ってくれるといいけど」とツイートしている。

再び動きがあったのは午後10時半ごろ。あたりはすっかり暗くなっていたが、アライグマ23階からいったん17階まで降りるとしばらく身体を休め、その後再び上をして登り始めた。そして13日未明、アライグマはやっとのことで屋上へと辿り着いた。

ワイルドライフ・マネージメント・サービスィズ(Wildlife Management Services)」によると、アライグマはあらかじめ仕掛けられたキャットフードにつられて檻に入ったところを捕獲されたという。今回騒動を起こしたのはメスのアライグマで、その後郊外に運ばれて許可を得て個人が所有するの中に放たれた。

アライグマ運動には驚くばかりだが、先にはバルコニーで転落寸前の4歳児を救った男性が“パリのスパイダーマン”と称賛されて話題になっていた

画像は『Ben 2018年6月12日Twitter「My picture from the 13th floor around noon.」』『Paige Donnelly law 2018年6月12日Twitter「He is on the ledge on our floor.」』『Tim Nelson 2018年6月12日Twitter「The mprraccoon has arisen from his nap and is climbing again.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト