ヤクルト三輪が放った三塁ブルペンへ飛び込む寸前の飛球をキャッチ

ヤクルト 6-4 西武(14日・メットライフ

 西武金子侑司外野手が、驚愕スーパープレーを見せた。14日、本拠地メットライフドームで行われたヤクルト戦。7回の守備で、三塁側ブルペンに飛び込む寸前のファールボールをもぎ取るスーパーキャッチを見せ、球場中の度肝を抜いた。

 西武が2点リードで迎えた7回だった。2死一塁で、打席には三輪が立っていた。1ボールからの2球。十ボールを弾き返した打球はフラフラと三塁ファールグラウンド方向へと舞い上がった。左翼金子侑司ファールグラウンドへと疾走すると、三塁側ブルペンのフェンスへとジャンプし、よじ登った。

 打球はフェンス上のネットの向こう側、ブルペンに飛び込むところだったが、金子侑はネットの上からグラブを押し込んで打球をキャッチ。スタンドからは驚きのファインプレーに大きな歓が巻き起こり、マウンド上の十も驚きの表情を浮かべていた。(Full-Count編集部)

球場を沸かせる美技を見せた西武・金子侑【画像提供:(C)PLM】