3カード連続負け越しで、オリックスにかわされてBクラス

巨人 6-4 ソフトバンク(14日・ヤフオクドーム

 14日、ソフトバンク巨人に4-6で競り負けて3カード連続の負け越し。オリックスが勝利したため、リーグ4位に転落した。

 先発石川太が6回5失点。手痛い3被弾はすべて甘い変化球だった。試合後の工藤公康監督は「阿部くんには狙われていたところもあるし、高いというところもある。石川くんの場合、球が走っている時はファールになるけど、今日はいい方向に出なかった。小さなスライダーコントロールに苦しんでいた」と石川の投球を振り返った。

 打線松田宣浩上林誠知一発が出たものの、工藤監督が決断した1番・城所龍磨が機せず。チームの鍵を握る4番の柳田悠岐も2三振と苦み、つながりを欠いた。「この3連戦、柳田くんは厳しく攻められた。相手も柳田くんを抑えれば、というところもあった。ウチもしっかりインサイドをついていってほしいところ。まあ、ピッチャーも思うところはあるでしょうから、次の3連戦で見せるべきところを見せてほしい」と指揮官った。
 
 これで3カード連続の負け越しとなり、オリックスに抜かれて4位に転落。交流戦の4年連続最高勝率前の火となった。「苦しいのは間違いないが、このメンバーでやっていくしかない。みんなで引き締めて次のカードをしっかり戦っていきます」。工藤監督は最後にそう言葉を絞り出して試合後の会見を終えた。(一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンク・工藤監督【写真:藤浦一都】