先発マルティネスが7回失点「気持ちが打線に伝わった」

日本ハム 11-3 阪神(14日・札幌ドーム

 日本ハムは14日、本拠地・札幌ドームでの阪神戦に11-3で大勝した。連勝で交流戦勝率5割に戻し、リーグ首位の西武に2ゲーム差に迫った。

 先発したマルティネス投手が7回6安打失点で7勝を挙げた。栗山英樹監督は「先頭を出しながらも気持ちを切らさずに、本当に丁寧に一つ一つ慢してくれた感じがあった。その気持ちが打線に伝わっていたと思う」とり強い投球を褒めちぎった。

 5回までに4安打で2点を奪った打線は終盤に大爆発。6回に中田翔15号2ランを放つと、7回には四球を挟んで4連打、8回にも四球を挟んで3連打と集中打で大量得点につなげた。5打点を挙げた中田について指揮官は「いい集中で試合に出られている。このまま乗っていくとチームにとってもすごく大きい」とを細めた。

 15日からは本拠地で交流戦首位のヤクルトとの3連戦に挑む。「好調のチームは難しいけれど、がむしゃらに勝ちにいくしかない。しっかりやります」と栗山監督。大勝の余韻に浸ることなく、いつものように表情を引き締めた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】