6月22日()より、映像配信サービスdTV」にて配信される、宮木あや子原作栗山千明安達実ら出演のオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」の題歌が、大塚愛の「あっかん べ」に決定。さらに、栗山らがアイドルに熱狂する姿を見ることができる予告映像も初開!

【写真を見る】劇中で、女性アイドルグループのコスプレ姿を披露している栗山千明

同作は、アイドルをした“35オンナ”の本音を描いたヒューマンコメディーで、SNS上では「共感するところ多そう」「原作大好きなので実写がどうなるのか楽しみ」「スノーワイツメンバーですか」などくも話題&期待するが高まっている。

栗山安達以外にも江口のりこ、平井理央、富山えり子らもアイドルヲタク役に初挑戦しており、その中でそれぞれが抱えている悩みやコンプレックスなどを大胆かつデリケートに表現している。

今回、開された予告映像では、栗山千明演じる桜井が、の中で推しメンの名前が書かれたうちわを振りながらノリノリで歌う姿や、アイドルライブのチケットを譲ってもらいスーパーで大で喜ぶ姿、安達演じる山田がニヤケ顔でアイドルの話しをする姿など、実女優の本気が垣間見える映像に仕上がっている。

また、不妊やセックスレスという夫婦問題を抱えている桜井(栗山)が、アイドル好きな夫のためにアイドルコスプレをし、ミニスカート姿で夫の前に登場している強シーンは必見だ!

大塚愛が悩める女性にむけてコメント

そして、大塚が歌う題歌「あっかん べ」は、ドラマ世界観をそのまま切り取ったような楽曲だといい、理不尽な恋愛やうまくいかない日々に悩まされている女性たちへ贈る、モヤモヤした気持ちも全部流れてしまう痛快ソングとなっている。

大塚は「大人になれば、かを攻撃することほど意味であると分かっいても、攻撃してくる人もいれば、かみ合わない人もでてきます。それでも人生主人公はいつだって自分だから。心の中で、『あっかん、べ』って言って涙をパールに変えてくれる曲を作ったつもりです」とコメント。(ザテレビジョン

6月22日(金)よりdTVにて配信されるオリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」の主題歌は大塚愛の「あっかん べ」