忙しい日は、ついつい手軽に買えるコンビニ飯で食事を済ませてしまいがち……「なんだか太りそうだし、健康にもよくないのでは?」と迷う人も多いのでは?

でも大丈夫! 最近では、コンビニ企業コラボした健康食や、美容と健康を意識したカロリー表記のある食べ物がたくさんあるんです!
今回は、忙しい人も罪悪感なくコンビニ飯を楽しめる(おにぎりパスタパン)のおすすめを管理栄養士の資格を持つ私からアドバイスします


おすすめフード1.お米(おにぎり)
コンビニにたくさんあるおにぎり。いろんな具がありますが、美容や健康を意識するときに選んでほしいのが

リフノール(※1)には血流を良くする作用が 血液循環の流れが良くなると美肌になるとも言われています
にはビタミン亜鉛タンパク質などが含まれており、効率よく栄養がとりやすく、また、「アスタキサンチン(※2)」は、抗化作用が入っているといわれる栄養価で、アンチエイジング効果も期待できるんですよ。


おにぎりは、パスタパンよりも脂質が低く、また持ちも良いので少しの量で満感を得られやすいメニューです。だからと言ってお米だけを食べるのは栄養が偏るので、サラダと一緒に食べて栄養を補給してくださいね! 
ダイエット中で炭水化物が気になるという人は、食を控えめにして野菜を多く採ればOK

おすすめフード2.パスタ
女子が好きな食べ物と言ってもいい、パスタ
ペペロンチーノカルボナーラトマトパスタなど様々な種類があって「どれにしよう~!」と迷ってしまいますよね! そんなときはトマトパスタを選んでみて♪

トマト赤色の色素には「リコピン(※3)」という成分が含まれており、抗化作用が強いことが分かっています! これは、メラニンを生成する活性酵素を抑制しチロシナーゼの動きを押さえてくれるので、シミ予防効果を期待できちゃうというメリットも。

加熱することで更に効果的に吸収できるので、生もいいのですが、加熱調理されたメニューを選ぶと◎。また、トマトは油や製品と一緒に摂取することでも吸収が向上するため「チーズ」入りのトマトパスタヨーグルトと一緒に食べることもおすすめですよ!

おすすめフード3.サンドウィッチ
具材がたっぷり入った「たまごサンド」や「ポテトサラダ」のサンドウィッチなら、栄養を採りながらおなかいっぱい食べられる
たまごサンドは(※4)きれいな肌やを保つために必要不可欠タンパク質アミノ酸をたっぷり含んでいるんです! ポテトサラダじゃがいも人参には、ビタミンCや美肌効果、腸内環境を整える働きがあります♪

サンドウィッチと食べるおすすめの組み合わせは、かぼちゃほうれん草などのスープ
かぼちゃに含まれるビタミン E(※5)やほうれん草に含まれる抗化作用や鉄分を一緒に摂取することで相乗効果が


いつも何気なく食べているコンビニランチ。ちょっとだけ美容や健康を意識してメニューを決めてみるのもおすすめですよ。選び方や組み合わせ次第で、コンビニ飯も美容の味方になりますよ!
コンビニ飯だし」なんて諦めずに、美容を意識して健康志向を高めて、ランチタイムを楽しんでくださいね
(管理栄養士:岩根沙恵子/美容看護師:石井沙也加)

〈参考文献〉
*1:日本醸造協会誌2015年7月ウメ“南高”における条件、土壌の違いが梅酒の香気、苦味および機性成分に及ぼす影
*2:富士イルム 抗化成分「アスタキサンチン」を摂取すると、外線による肌のシワ形成と表皮からの蒸発が抑制されることを確認
*3:カゴメ株式会社総合研究所、動物実験
*4:日本協会 たまごの知識
*5:グリコ栄養成分