92歳の現在も多くの務をこなしているエリザベス女王が、先内障の日帰り手術を受けていたことが明らかになった。手術は5月4日頃、ロンドン中心部にある医療機関で行われたと伝えられている。バッキンガム殿のスポークスマンからの発表によると、術後の経過は良好とのことだ。

【写真を見る】術後のエリザベス女王、濃い色のサングラスで公務に!

今年4月には、女王内障の手術を受けたのと同じ「キングエドワード7世病院」で、夫のエディバラ(97)も股関節の手術を受けたばかりだ。しかし、務を退いているエディバラと違い、エリザベス女王スケジュールは多忙を極めているうえ、手術後も務のキャンセルや延期を1度もしていないのには驚かされる。

ロイヤルウェディング当日は普段通りに見えたエリザベス女王だが、挙式翌日にウィンザーを離れる時からサングラスを着用しており、ここ数週間の屋外務や園遊会も、サングラスをかけて術後のをいたわっているようだ。

内障は、加齢に伴い水晶体が濁して視が低下する病気。ごく一般的な老化現の一つで、英国では65歳以上の半数以上が患しているという。濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを入れる手術で治療できるそうで、英国健康サービスでは、全1300の病院で年間38万9000件の内障手術が行われている。

2003年には背中と両ひざの痛みのため、膝軟の損傷部を取り除く手術を受けたエリザベス女王だが、基本的には健康そのものだ。2013年に胃腸風邪にかかった時の一泊入院が、ひざの手術以来10年ぶりの入院だったという。昨年度だけで296件もの務をこなしたエリザベス女王に向けて、多くの人々が内障の治療成功を祈り、女王末永い在位を願うメッセージを寄せている。(Movie Walker・UK在住/シャオ

エリザベス女王、5月に手術を受けていた!