TVアニメクレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)の2代目野原しんのすけ役が声優小林由美子に決まったと、6月14日に発表された。“小林しんちゃん”は、7月6日の放送から登場する。

 しんちゃん1992年の初回放送時から声優矢島晶子が務めてきたが、「しんのすけを保ち続けることが難しくなり、キャラクターを作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった」との申し出があり、6月29日をもって降することが決まっている。

 2代目しんちゃんを演じるにあたり、小林は「このような大役を仰せつかり光栄と共に責任の重さを痛感する毎日です」とコメント。「矢島さんのしんちゃん魂をしっかり学び、一年でもく皆様に慣れ親しんで頂けるしんちゃんになれるよう、日々精進していきたいと思います」と意気込みを見せている。

 矢島からバトンを引き継ぐ小林由美子は『シスタープリンセス』の衛役、『デュエル・マスターズ』の切札勝舞役、『鬼灯の冷徹』のシロ役で知られる、実績・実共に申し分ない声優ネットには「実だから楽しみ」「安定感あるし期待大」「少年ボイス定評があるし安心」と期待を寄せるが上がっている。

 だが、その一方で「やっぱりしんちゃん矢島さんじゃないと……」「矢島さん以外は理」と、声優変更を受け入れられないも少なからず上がっている状態だ。

 今年で26年の『クレヨンしんちゃん』をはじめとする長寿アニメは、声優が長期に渡ってキャラクターを担当することがほとんどで、そのイメージとして根付いてしまっている。そのため、声優の交代があると、後任の“”がなかなか視聴者に受け入れられない。『サザエさん』の波平(故・永井一郎さんから茶風林に変更)、『ちびまる子ちゃんまる子のおちゃん(故・水谷優子さんから豊嶋真千子に変更)もそうだ。

 2005年メインキャストの総入れ替えを行った『ドラえもん』についても、大山のぶ代からドラえもん役を引き継いだ水田わさびが、交代当時にバッシングを受けており、水田本人もネットなどで自身に対する批判にしてしまったことをインタビューなどで明かしている。

 矢島しんちゃん大山ドラえもんと同じく特徴的なであるため、新たな視聴者染むまでに時間を要することになりそうだが、ネットでは較的「バッシングに負けず頑ってほしい」「小林さんならではのしんちゃんが楽しみ」といった前向きなが多い。

 小林しんちゃんを演じるにあたって、矢島しんちゃんに寄せていくのか、小林ならではのしんちゃんを構築していくのか、その方向性も気になるところ。7月6日の放送を楽しみに待ちたい。

『クレヨンしんちゃん』公式サイトより