ジャゴエフ負傷退場のアクシデントロシアが5ゴールを奪う

 ロシアワールドカップW杯)開幕戦は、開催ロシアが5点差の大勝を演じた。現地時間14日に首都モスクワのルジニキ・スタジアムでサウジアラビアを迎え撃ったロシアは、前半12分に先制点を奪うと勢いに乗って5-0で快勝した。

 立ち上がりから互いにしさのある試合を展開していたなかで迎えた前半12分、ロシアは左コーナーキックセカンドボールから、MFアレクサンダー・ゴロヴィンが右足でクロスを上げた。すると、ファサイドで相手との競り合いに勝利したMFユーリ・ガジンスキーがヘディンシュートを決め、大会初ゴールとなる先制点を奪った。このゴールにより、W杯では1982年スペイン大会から10大会連続で開幕戦でオープニングゴールが生まれた。

 先制したロシアだが、アクシデントにも見舞われた。同23分にMFアラン・ジャゴエフが左太もも裏を押さえて負傷交代。これにより、トップ下のを大会初戦の前半でくも失うことになってしまった。しかし、ここで交代出場したMFデニス・チェリシェフはラッキーボーイになった。

 同43分、ロシアは右サイドからカウンターを仕掛けると、最後は左サイドを上がってきたチェリシェフが決め、開催ロシアリードを2点に広げて前半を終えた。

 後半に入るとロシアがさらなる攻勢に出てペースをつかんだ。すると、再び交代選手が大きな仕事を成し遂げた。同26分、右サイドのペナルティエリア付近からゴロヴィンがクロスを上げると、中央で合わせたのは交代出場直後のFWアテム・ジェバ。ヘディンシュートゴールに吸い込まれ、リードは3点に広がった。そして、イタリア王者ユベントスが獲得を検討しているとも現地メディアで報じられるゴロヴィンは、大舞台の初戦で2アシストとなった。

 そして、止めを刺すようなゴールが同アディショナルタイムに立て続けに生まれた。ジェバのポストプレーを受けて左サイドからペナルティエリア内に侵入したチェリシェフは、左足アウトサイドにかけた芸術的な一撃をゴール右に決めた。さらにゴロヴィンがゴール正面やや右サイドから直接FKを決めて5点と、ロシアが5-0で勝利。ソビエト連邦時代に出場した1986年メキシコ大会以来のグループリーグ突破をロシアにとっては、最高の開幕戦になった。

 一方のサウジアラビアは、これで出場5大会全ての初戦で未勝利という不名誉な記録を更新シュート0本と、良いところなく敗れた。なお、今大会から導入されているビデオアシスタントフェリー(VAR)が運用される場面はなく、明日以降のゲームでどのような形で使用されるかが注ポイントになる。(Football ZONE web編集部)

W杯開幕戦は開催国ロシアが快勝【写真:AP】