2018 FIFAワールドカップ ロシアグループステージ第1戦が14日に行われ、ロシア代表とサウジアラビア代表が対戦した。

 4年に1度のサッカーの祭典が幕を開けた。開催ロシアFIFAランキング70位、サウジアラビアは同67位で、出場32中最下位2チームによる開幕戦となった。2大会連続11回出場のロシアはFWヒョードル・スモロフが、3大会ぶり5回サウジアラビアはFWモハメド・アル・サハラウィが先発出場で、両エーススタートからゴールを狙う。

 大会初ゴールが生まれたのは開始12分。左サイドからアレクサンドル・ゴロヴィンがクロスを送ると、ファーでフリーユーリ・ガジンスキがヘディンシュートを沈め、ロシアに先制点をもたらした。24分にはアラン・ジャゴエフが負傷交代を強いられたが、代わって入ったデニス・チェリシェフが42分にエリア内左で冷静に相手DFをかわし、シュートゴール左隅に突き刺して追加点。ロシアが2点リード折り返した。

 後半に入って71分、ロシアはスモロフに代わって入ったばかりのアルテム・ジュバが、ゴロヴィンからの精確なクロスを頭で合わせ、試合を決める3点。さらに後半アディショナルタイム1分、チェリシェフがエリア内左から左足アウトサイドキックゴール右上隅に叩き込み、その2分後にはゴロヴィンがエリア手前右のFKを直接決め、ダメ押しの2点を追加した。

 試合は5-0でロシアが勝利。グループA第2戦は、ロシアが19日にエジプト代表と、サウジアラビア20日にウルグアイ代表と対戦する。

スコア
ロシア代表 5-0 サウジアラビア代表

【得点者】
1-0 12分 ユーリ・ガジンスキ(ロシア
2-0 43分 デニス・チェリシェフ(ロシア
3-0 71分 アルテム・ジュバ(ロシア
4-0 90+1分 デニス・チェリシェフ(ロシア
5-0 90+4分 アレクサンドル・ゴロヴィン(ロシア

開催国のロシアが開幕戦を制して白星スタート [写真]=Getty Images