若手俳優横浜流星が、人気音楽グループGReeeeNプロデューサーであるJINのもと、アーティストデビューすることが決定した。ラブソング今日もいい天気 feat. Rover (ベリーグッドマン)」が6月25日デジタル限定で配信リリースされる。

 特に若い世代から支持される横浜は今年、映画友』や『虹色デイズ』に演。昨年開された『キセキ -あの日のソビト-』に続いて、GReeeeN楽曲を題材にした映画プロジェクトの第2弾として2019年開される『唄』の演に抜された注俳優だ。『キセキ -あの日のソビト-』ではGReeeeNのナビ役で出演し、菅田将暉成田杉野と共に「グリーンボーイズ」としてCDデビューを果たした。

配信ジャケット

 そんな横浜が、JINプロデュースの楽曲でアーティストデビューを果たす。横浜は「新しいことに挑戦できるということは役者として何かに繋がると思いますし、お芝居とはまた違った形で、歌で表現できるということを、素直に嬉しく思っています」と心る。また、「今回『キセキ』『唄』に引き続き、大好きなJINさんにプロデュースしていただき、JINさんとスタッフの方々と、またご一緒できることが幸せです。そして、今回フィーチャリングでベリーグッドマンのRoverさんにとても支えてもらい、助けてもらいながら、とても素敵な曲ができたので、一人でも多くの方に届いてほしいです」と楽曲の魅アピールした。

横浜流星とRover

 フィーチャリングとして参加したベリーグッドマンのRoverは、横浜について「空手をやっていたということもあり、のある男だなと思い、それが歌に出ていました。今まで活動してきた中で、初めてに近いようなストレートな歌を歌うアーティストなので感動しました」とコメント

 プロデューサーJINは「横浜流星さんとは2年前の映画の現場が初めての出いでした。そして今回の曲は、いま準備している映画唄』の撮影中にひらめきました。この映画横浜さんが演じられる役の想いやに影を受け、曲と詞が完成しました」と明かしている。(編集部・小山美咲

横浜流星がアーティストデビュー!