リメンバー・ミー』のピクサー・アニメーション・スタジオの記念すべき20にして、アカデミー賞2部門にいた『Mr.インクレディブル』(04)の続編『インクレディブル・ファミリー』が8月1日()より開。このたび本作で新たに登場する、人やモノを瞬間移動ができるを持つヒーローのヴォイド役を小島瑠璃子が、電気自由自在に操れるを持ったヒーローのへレクトリクス役をサンシャイン池崎が、日本語版の声優を務めることが決定した。

【写真を見る】“こじるり”の意外な憧れの人とは…?

本作は、かつてスーパーヒーローとして活躍した夫・ボブが、ヒーローとしての威厳と家族とのを取り戻していく様をユニークに描きだした前作の「その後」の物語。本作では“イラスティガール”として再び活躍するようになった妻・ヘレンに代わり、ボブ事や育児に奮闘。そんななか、宿敵のアンダーマイナーを始め、新たな脅威がインレディブルな家族を襲う。

先日、14年ぶりに日本版の声優続投が発表された三浦友和黒木瞳綾瀬はるか田延に加え、新たに発表されたのが小島瑠璃子サンシャイン池崎の2名だ。小島が演じるのは、イラスティガールに強い憧れを持ち、ちょっと暑苦しいところがある女性ヒーロー・ヴォイド。彼女間にワームホールを作って人やモノを瞬間移動できるを持つ。

サンシャイン池崎が演じるのは、電気自由自在に操ることができ、ちょっとキザなヘレクトリクス。政府よりの使用が再び認められ、Mr.インクレディブルたちと共に活躍する重要なキャラクターだ。

本作で声優初挑戦となる小島は「声優のお仕事にあまりイメージがない私にをかけてくださってすごくうれしかったです」と喜びをった。ヴォイドについては「可らしくて、素直なキャラクターなんですが、一方でちょっと暑苦しいイメージもある。その上すごく素直で活発なところもあって自分に似ているんじゃないかなと思います」と自身と重なるキャラクターだったという。また本作での好きなキャラクターに、長男ダッシュを挙げ「元気すぎて自分のしたいことが抑えられないところとか、すごく可愛いですよね。昔のが重なります」とった。

池崎は“欲しい”について「よく叫ぶ芸なので、手のひらから限にのど飴が出るが欲しいですね。いつでも喉を潤せるように。攻撃もしますよ!」と芸人ならではのを提案。また、本作の好きなキャラクター小島と同じくダッシュを挙げ「こんな運動神経よさそうな恰好をしているんですが、子どものころから足がめちゃめちゃ遅くて。だから彼の素さに憧れますね」と意外な悩みを明かした。

小島瑠璃子サンシャイン池崎という、フレッシュな新キャストが加わり、ますます注が集まりそうな本作。前作以上にスケールアップして描かれる、大人子どもも楽しめるエンタインメントの誕生に期待したい!(Movie Walker・文/編集部)

フレッシュな2人が新キャラクターを演じる!