前回のブラジルW杯本田圭佑31)ら一部の日本代表選手が「標は優勝」と宣言していたことも、世界サッカーを長年見てきた経験からすれば、思わず「」を入れずにはいられなかったという。

「昨年、元スペイン代表選手のフェルナンド・モリエンテス(42)に会った時、日本代表アドバイスめたら、『サッカーでもないのに、優勝したこともないのに、優勝なんて口にするな』と言っていました。つまり、の前の一試合一試合を全で戦って勝つことが大事だと。世界べて自分たちのレベルがわかっていれば、もっと現実的な標が出るはず。変に勘違いしているんです。日本FIFAランキング60位ですよ。たちは下手なんだから、とにかく気持ちで走って頑るしかないぞ、って。かっこつけている場合じゃないんです」

 本大会まで残された時間がない中、もしも小柳ジャパン」としてチーム作りを任されることになったとしたら、

「まずは根性を叩き直したい。相手の胸を借りて謙虚な気持ちを持ったうえで、全員ハードワークをさせます。とにかく『弱者の思想』を忘れずに戦うことが大切なことなのです」

 この「再生プラン」に加え、中心選手として期待される本田にはさらなる厳しい助言が必要なようだ。監督線で小柳が気になったとるのは、本田が密着取材を受けた5月14日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)。番組の最後に出演者に行う恒例の質問が「プロフェッショナルとは?」だが、本田はこう言い放った。

プロフェッショナルとは、ケイスケホンダ。どういうことか? プロフェッショナルを今後、ケイスケホンダにしてしまえばいい」

 このホンダ流「迷言」に、小柳からは一発レッドカードが掲げられた。

「そこが本田選手のよくないところだと思います。驕ってない? プロだったらそういう発言はしませんよ。世界一メッシがそんなこと言いますか。あくまで謙虚でいいんです。評価は他人が決めること。人として大人になって成熟すれば、本田選手のプレーはもっと違ってくるでしょう。私が監督なら、まず1対1で面談します。番組での発言も含めて、こういうところは直したほうがいい、このプレーはすばらしいと伝えます。最近はクラブチーム運営など実業の『顔』が前に出始め、選手として100%エネルギーを注いでいない印を受けますね。私の好きな選手であり、日本代表に必要だからこそ、あえて言わせてもらいます」

 密着番組でのトンデモ発言だけではなく、勝利に導くゴール日本列島を沸かせてほしいものだ。

アサ芸プラス