永野芽郁演じる鈴愛から佐藤健演じるを“女子力全開の実行使”で奪い取った古演じる清(さや)。その結果、鈴愛は「もう会わない」ことに。鈴愛に対する喪失感を漫画に描き、漫画家デビューに向けてまい進することになるのだが、この末に古演じる清に対して批判と疑問のがあがっているという。

「清は過去幼なじみヤキモチを焼きまくり、鈴愛ケンカになったことがきっかけで鈴愛距離を置くことになったのですが、清の気持ちは理解できるけれど『同性から嫌われる代表的な行動をから見せられるのはしんどい』という立ちました。また、清の定番ファッションである“過ショーパンにニーハイソックス姿”には『90年代が舞台なら清はボディコンワンピにするべき』『清は男性視聴者に対するサービス要員か?』『ショーパンとニーハイの間の絶対領域が広すぎてありがたみに欠ける』と摘するが。さらに、現在もっとも話題になっているのが、高校時代と大学時代で『清の顔が別人みたいに見える』ということ。『この大変化はメイクじゃできない』『の形とサイズ、涙袋まで違う』『高校生の頃にを引いていた清と大学生になった清は違う女優さんだと思ってたから、同じ女優さんだと知って逆にびっくり』といったが噴出しています」(女性記者

 ネットで古の名前を検索ワードに入れると「顔変わった」と予測変換されるほどホットな話題だが、地方から東京に出てくると「女性はここまで変化する」という演出なのかもしれない。

アサ芸プラス