「がんもどき」は豆腐をつぶして、ニンジンレンコンゴボウなどと混ぜて、油で揚げた料理だ。精進料理の一種で、「雁(がん)」のに似せた「もどき料理」なので、関東では「がんもどき」と呼ばれるようになったとされている。

一方、関西では同様のものが「飛龍頭」(ひろうす、ひろうず、ひりょうず)と呼ばれている。ポルトガルから伝来した南蛮菓子「フィリオース」が発祥、といった説がある。

そこでJタウン研究所は約半年にわたって、「おでんの定番ダネは、がんもどき? 飛龍頭?」をテーマに、都道府県別のアンケート調査を行った(総投票801票、2018年1月15日6月12日)。

はたして、その結果は――。

関西地方では「飛龍頭」が優勢、でも「その他」って...?

投票をあわせた数値は、「がんもどき」が364票(45.4)だ。「飛龍頭」は265票(33.1)、「その他」が172票(21.5)。下の円グラフをご参照いただきたい。結局、「がんもどき」が半数近くを占めたわけである。


都道府県別に見てみよう。各県ごとの最多得票を色分けすると、上のような日本地図になった。「がんもどきクリーム色は全に広がっているのだが、とくに東日本クリーム色優勢だ。

北の方から見てみよう。北海道(66.7)、秋田県100%)、山形県100%)、福島県100%)など、北日本では「がんもどきが優勢だ。関東地方に入ると、茨城県68.4)、栃木県100%)、群馬県100%)、千葉県75)、東京都62.5)、神奈川県67.6)など、埼玉県以外は「がんもどきのほぼ圧勝である。

新潟県(66.7)、長野県(66.7)、富山県71.4)、静岡県100%)などでも「がんもどきは多かった。

どうやら東日本では、「がんもどきが大勢を占めていると言ってもいいだろう。


一方、「飛龍頭」のグリーン関西地方にかたまって見える。

京都府82.9)、大阪府(66.7)、兵庫県80)、奈良県(66.7)など、和歌山県(がんもどき100%)を除く関西地方は「飛龍頭」が圧倒的に優勢だ。「飛龍頭」は、広島県55.6)、山口県100%)でも強かった。


......というわけで、関東を中心とした東日本では「がんもどき」、関西では「飛龍頭」という構図が読み取れるのだが、ここで残るのが「その他」の存在だ。21.5という数字は視できない。

もっとも「飛龍頭」は、ひろうす、ひろうず、ひりょうずなど、読み方はさまざまだ。石川県では「ひろず」と呼ばれるのが一般的だという。ひろうすの変形が「その他」にカウントされている可性もある。

ネットで調べてみると、Jタウンネット2017年12月10日の記事(参照:ひろず、まるやま、みいでら...... 地域によって変わる「がんもどき」の呼び名)を見つけた。なんと「灯台下暗し」とはこのことだ。

これによると、輪島加賀の一部では「みいでら」、富山県では「まるやま」「まるあげ」......と呼ばれているらしい。

さらに調べてみると、「みいでら」は滋賀県大津市にある「三井寺」、台寺門宗の総本山が由来という説もあるらしい。また「まるやま」は長崎丸山が由来という説もあるそうだが、さすがに......定かではない。

「がんもどーふ」や「がんどーふ」と呼ばれる地域もある、という資料も存在した。その他の呼び方が非常に気になる。できれば詳しい方のご教授をお願いしたいと思う。

「おでんの定番ダネは、がんもどき? 飛龍頭?」調査結果(Jタウンネット調べ)*投票がなかった県は、白地のままとした。