テレビ朝日系では、6月16日(土)に千鳥サンドウィッチマンのタブルMCによる「全部ワタシが問題です」(11:15-0:05※一部地域を除く)の放送が決定。初となる“スタジオで2組だけのMC”を担当した。

【写真を見る】“お触りさん”が触ったモノだけを頼りにその人が誰かを推理していく

同番組は、深夜帯で放送された「全部私が触りました」が「全部ワタシが問題です」としてパワーアップ。ある芸人(=お触りさん)に密着取材を敢行し、取材中にその人が触ったモノだけを頼りに“お触りさん”がなのかを当てるクイズ「全部、ワタシが触りました」や、ある芸人(=人脈さん)の友人・知人が続々登場し、その人脈から“人脈さん”を推理したり妄想するコーナー「全部、ワタシの人脈です」などを繰り広げる、プロファイリング形式の新感覚バラエティー

お触りさんの私物を物色する一同は、千鳥・大悟やサンドウィッチマン伊達みきおが“お触りさん”が手に入れたものだと思われるブラジャーなどをつかんで、しげしげと観察したり、やりたい放題に。さらには、通常は放送されないだろう驚きの間もVTRで流れ、千鳥らは「これ流していいの!?」と仰する一幕も。

また、『全部、ワタシの人脈です』ブロックでは、密着取材する芸人=“人脈さん”とつながりのある友人・知人たちがVTR内に登場。VTRに登場した劇団ひとりは、「相当稼いでいる」とその人物について言。さらに港区の高級マンションに住んでいると暴露し、大悟やサンドは「すごい持ちなんじゃないか!?」と推理をめぐらせる。一方で抜群のスポーツセンスを持つことや著名人御用達のスナックに通って店のママにかわいがられていることなども発覚する。

さまざまな度から、ゲストを知ることができる番組となっていたが、大悟は「最初はこのスタジオMC全員上を向いて話すというスタイルセンスバリバリの感じを受けると思うんですけど、よく見てみればメチャクチャ簡単なバラエティー(笑)」と率直な印る。

一方、千鳥・ノブは「解きの要素もあるし、プロファイリングの要素もある。テレビ界の中で一番面い番組がついにできてしまったんじゃないでしょうか!」と大奮で、「もしも今後これがレギュラー番組に続いていったら、番組宣伝で大物女優さんなどが、いらっしゃることもあるんですよね? これはちょっと夢が膨らむ番組だなと思いました」と期待を寄せる。

サンドウィッチマン富澤たけしは「いつゴールデンタイムに持っていってもおかしくない番組だと思っています」と胸をると、伊達は「どこから線だよ(笑)」と思わずツッコミつつ、「視聴者の方が参加できる一の番組になっていると思います」と手応えを感じていたことを明かした。

この2組での初めてのMC体制についても、伊達は「うれしいです。さすが攻めているな! と思いました」と素直に喜び、「3、4年前だったら『画が汚くてしょうがない、あり得ない4人だ』と言われていたでしょうね(笑)。今回そこに挑戦してもらえたのは非常にうれしいです」とうれしそうに打ち明けた。

人の意外な一面が見られること間違いなしの「全部ワタシが問題です」。どんな芸人が登場するのか、テレビの前で一緒に推理をしてみよう!(ザテレビジョン

“スタジオで2組だけのMC”は初となる千鳥とサンドウィッチマン