今週末、フランスサルト・サーキットで行なわれる第86回ル・マン24時間レース6月16日17日)。悲願の初優勝をトヨタは、F1世界チャンピオンのF(フェルナンド)・アロンソを新たにドライバーに加えるなど、文字どおりの「必勝態勢」で伝統の一戦に臨む。

ちなみに、王者ポルシェは昨シーズンをもって最高峰のLMPクラスから撤退。今回、自動車メーカーとしてル・マンに参戦するLMP1のハイブリッドマシントヨタのみ…。そんなライバル不在の状況に、世間では「トヨタが勝って当然」という空気が漂っている。

しかし過去2年、優勝補の筆頭に挙げられながら苦杯を(な)めてきたトヨタ。今年こそは…と全で応援したいが、念には念を入れて不安要素を検証した!

* * *

「今年はトヨタが勝って当然…と思っている人が多いかもしれませんが、実はそうとも言い切れません」とるのはモータースポーツジャーナリストの世良耕太氏だ。

「もちろん、昨年のルールのままならトヨタぶっちぎりの独走になる可性は高いでしょう。でも、それではレースが面くない。そこでル・マン催者であるACO(フランス西部自動車クラブ)はLMP1にエントリーするトヨタハイブリッド車と、同クラスでプライベートチームが走らせるノンハイブリッド車の性を拮抗(きっこう)させるため、ノンハイブリッド勢を優遇するレギレーションを導入したのです」(世良氏)

では、どうやって両者の性バランスさせるのか?

「最大のポイントは燃料です。1周当たりで使用できるノンハイブリッド車の燃料量と燃料流量を増やし、ハイブリッド車べて1ラップ当たり約35も多く燃料を使うことができます。これをエンジン単体の出に換算すると、ザックリ言って約20。つまり、トヨタハイブリッド車エンジン500ハイブリッドなら、ノンハイブリッド車70エンジンが載っているようなイメージです」(世良氏)

トヨタマシンTS50ハイブリッド」は、エンジン500電気モーター500で合計1000スーパーマシン。ただし、モーターのアシストは加速時しか使えない。つまり、アシストが切れる長いストレートの後半ではエンジンパワーが頼みの綱になる。約20もパワフルなノンハイブリッド車トヨタより速い…なんて可性は十分にあるのだ。

実際、6月3日に行なわれたル・マンテストでも、トップタイムアロンソドライブするトヨタ8号(3分19066)がマークしたものの、2番手はトヨタ7号を抑えてノンハイブリッド車がつけた(3分19680)。その差はわずかコンマ6

こうして見ると単純に「今年は勝って当然」とは言い難いトヨタの現状だが、ほかのノンハイブリッド勢にべればチーム規模も資も桁違い。技術のを尽くしたハイテク満載のハイブリッドマシンで戦いに挑むトヨタにとって、今年のル・マンが「絶対に負けられない一戦」であることに変わりはない。

むしろ「これで負けたらカッコ悪い」というプレッシャーは、王者ポルシェという強ライバルがいた昨年以上ともいえるわけで、この強な重圧も、今年のトヨタの不安要素のひとつだ。

「これまで万全を尽くして臨んできたル・マンで、トヨタは『想定外トラブル』に見舞われてきました。先ほど述べたようにノンハイブリッド車との性が拮抗しているため、今年もトヨタ耐久性、信頼性においてギリギリの戦いを強いられるでしょう。

そこでトヨタはこれまでの反を踏まえて、『予想できるすべての状況に対応できる訓練と準備を重ねてきた』と胸をりますが、予想を上回る『想定外』が起きるのがル・マン。あらゆる事態を想定したマニュアルを作り、どんなに訓練を重ねたとしても、大きな重圧のなかで起きる新たな想定外の事態に柔軟に対応できなければル・マンは勝てない。

それこそが、ル・マンを幾度も制覇した王者ポルシェの強さだったことを忘れてはいけません」(世良氏)

(取材・文/喜田 研)

ポルシェ不在で楽勝!?「ル・マン完全制覇」に立ちふさがるトヨタの不安要素