持ちは欲しいけれど、ローンは不安・・・と、なかなか購入に踏み切れない人は多いですね。

【住宅ローン】夢のマイホーム!妻は頭金を出す、出さない?それぞれの理由

かしこのまま賃貸に住み続けるにもリスクがあり、「持ち」か「賃貸」かの問題には正解がありません。

正解がないだけに、多くの人が悩むものです。

「持ち」か「賃貸」かで悩む中、「でもやっぱり、一生に一度だからこそこだわりのマイホームが欲しい!」と思う主婦は多いはず。

では、いざ購入に踏み切ったら、いくら借りて、返済期間をどれくらいに設定すれば理なく返済できるのでしょうか。気になるのは購入者の実態です。

そこで今回は、ローン済者に対するアンケートを元に、ローンの設定期間はどれくらい?やっぱり繰り上げ返済はするものなの?など、気になる住宅ローンの実態をお伝えします。

気になるローン設定期間・済期間・購入時の年齢と年収は?

新築や中古、戸建てやマンションなど、マイホームといってもさまざまですが、不動産情報サイトのアットホームが住宅ローンを組んで住宅を購入し済した子どものいる首都圏(1都3県)在住の既婚男性サラリーマン320名に対し行った「住宅ローン済の実態調」によると、均住宅購入価格は3,911万円でした。

物件を購入する場所や、購入者の年収にもよりますが、一般のサラリーマンが購入できる住宅の価格は3,000万円台から4,000万円台が多くなっています。

ではローンの設定期間はどれくらいが均なのか気になるところですが、意外にも35年のフルローンを最初から設定する人は少なく、均は25年でした。

ローンの設定期間が長いほど、毎ローン返済額は減りますが、35年よりも短く設定している人が多いことから、頑ってなるべくく返済したいという購入者の意向が伺えます。

では、ローン設定期間が25年で実際に済までに掛かった期間はどれくらいでしょうか。

こちらも驚くことに、25年よりさらに短く均は13.7年となっています。つまり11年から12年も短縮して返済をしていることが分かりました。

3,000万円~4,000万円を13.7年で返済とは驚きですね。「そんなのうちは理だわ~」と思った人も多いでしょうが、短期間で返済するポイントは「頭の額」です。今回の調均頭額は1,439万円となっていることから、ある程度頭を貯めてから購入に踏み切る人が多いということも分かりました。

もう1つ気になるのが、マイホーム購入時の購入者の年齢と年収についてですが、購入時の均年齢は37歳、均年収は787万円となっています。

つまり、37歳で3,900万~4,000万円のマイホームを購入し、13年のローン返済期間を経て50歳で済している計算になります。

まさに理想的な住宅購入と言えますが、そんなに頭が作れないと言う人は「節約」や「親からの贈与」なども視野に入れてみてください。

気になる!繰り上げ返済の方法とは

先行き不安から繰り上げ返済?どのようにして繰り上げ返済を実現させたの?

繰り上げ返済はした方が得だとか、しない方が得だとか色々なことが言われていますが、住宅ローンは言うまでもありませんが「借」です。

日本人は特に「借」を嫌う人が多いですが、やはり借はいつまでも抱えていたくないもの。可な限りく返してしまいたいと思う人は多いようです。それがそのままアンケート結果にも出ています。

繰り上げ返済の理由

  • 1位:住宅ローンの利息を少しでも減らしたかったから 58.8
  • 2位:精的に、借している事が嫌だったから 40.8
  • 3位:繰り上げ返済するよりも良い運用方法を知らなかったから 22.5

上位3つはこのようになりましたが、3位の「繰り上げ返済するよりも良い運用方法を知らなかったから」の回答からは、資に余裕ができた時はや投資信託購入などに走らず、っ先に繰り上げ返済を選択しているという堅実さが伺えます。

将来のために何かに投資したいと考えている人も、まずはローン返済をしてからと考えている人が多いのでしょう。

繰り上げ返済の方法

では最後に、気になる繰り上げ返済の方法ですが、アンケートの結果は以下の通りとなりました。

約半数の人が節約をしてお金を貯め、繰り上げ返済をしていることが分かりますが、ボーナスや退職も極使わず繰り上げ返済に回している人が2割~3割もいることが分かります

すべきは5位の妻の収入を繰り上げ返済に使うというものですが、記事「【住宅ローン】夢のマイホーム!妻は頭を出す、出さない?それぞれの理由」にもありますが、妻は頭は出すがローンは夫に任せている庭が多かったのに意外な結果でした。

今回分かったことは、短期間で済する人は夫婦が協をして、妻もローン返済に協をする姿勢がある庭であるということです。

今回のアンケート結果を参考に、理のない資計画の元、夫婦でよく話し合い夢のマイホームを手に入れたいですね。

子育て世代のマイホーム購入を応援しています。

<参照>不動産情報サイト アットホーム「「住宅ローン済」の実態調