では、歩きスマホする人々を、“スマートフォンゾンビ”と呼ぶのだそう。うつろで画面を見つめて歩く姿が、ゾンビにそっくりだからだ。

しかし、ユニークな呼び名と、笑っているわけにはいかない。日本でも、歩きスマホによる事故が多発している。もはや、注意喚起だけではすまない状況に来ているのだ。

・リアカメラを使って障害物を察知

にはを”というわけではないが、デジタルにはデジタルで対策を練る、というのが現代の手法。「ASSISTANT  SZ(Smartphone zombies)」が、まさにそれ。スマホ歩きのときに危険を察知すると、アラートを鳴らしてくれるアプリだ。

動作は、単純。階段や横断歩といった障物を見つけると、ユーザーに警告を発する。スマホリアカメラを利用して、さまざまな危険レベルの障を、認識する仕組みだ。

多くのスマホアプリケーションと互換性があるため、作業に干渉せず、バックグラウンドモードで稼働。バッテリーも、駄に消費せずに済むというわけだ。自動バックライトも備わっているので、暗闇の中でも障物を検出する。

・Google Playから入手可能

ダウンロードは、Google Playで。無料版と、額2.99ドル(約330円)のプロ版が用意されている。後者は、アラートの音量やサウンド、画面のカスタマイズが可なのだとか。

「自分も歩きスマホしているかも!」と思う人、使ってみてはいかが?

ASSISTANT  SZ

歩きスマホによる事故を防止するアプリ「ASSISTANT SZ」