中国の唐の時代は中国史上でも最も栄えた時代の一つである。中国史上、屈の名君として名高い唐太宗は為政者として自らを厳しくして政治にあたり、太宗の治世は「貞観の治」と呼ばれ中国史上最も良く内が治まった時代とされている。『貞観政要』は唐太宗太宗を補佐した名臣との政治問答集で、日本では徳川家康が非常に好していたのをはじめ、数々の為政者が『貞観政要』から為政者はどうあるべきかを学んでいる。

貞観の初め、唐太宗臣に言った。「王である者、まず人びとの生活が安定するように心がけなければならない。王が人びとのものを絞り上げて自分にげさせても、自分の股のを切り取って食べるようなものだ。一杯になったときには身体がもたなくなっている。下の安泰をねがうならば、まず自らを正さなければならない」

太宗(パブリック・ドメイン

「身の破滅を招くのは外因ではない。みな自分の欲望が破滅を呼ぶ。いつも美食にふけり音楽や女色に心奪われ悦ぶならば、欲望はますますふくらみ災いも大きい。政事は妨げられ人々は乱される。そのうえ、ひとつでも君理に合わないことを言えば、人々は勝手きままになり、嗟のもあがり、反乱を起きるだろう。これらのことを常に考え、自らをめている」

すると諌議大夫の徴が答えた。

「古代の堯、といった先賢のは、いつもそのように自らをし、そのため世は安泰でした。かつて楚の荘王は賢人を招いてよくを治めるには何が必要かをたずねたところ、まず自らを正すことだと答えました。賢者は「王が自らを正していて、が乱れたということは聞いたことがない」と答えただけでした。陛下のおっしゃったことは賢人のことばと、まったく同じです」。

下の安泰をねがうならば、まず自らを正さなければならない」。この言葉を以て自らを厳しくしたからこそ「貞観の治」という黄金時代が生まれた。

唐太宗(パブリック・ドメイン)