エッフェンベルク氏がめるエジルとギュンドアンの追放

 ロシアワールドカップW杯)初戦を前に、強豪国の足元がぐらついている。2大会ぶりの優勝をスペインは、開幕前日にフレン・ロペテギ監督を解任し、フェルナンド・イエロ監督の就任を電撃発表した。突然の解任劇によって世界に衝撃が走ったが、2014年ブラジルW杯王者ドイツに起こった騒ぎも収まっていないようだ。

 トルコ移民MFメスト・エジルアーセナル)とイルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・シティ)は、5月トルコレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領を表敬訪問し、政治的な意図が介在しているのではという批判が集まった。そしてギュンドアンは、サウジアラビアとの際親善試合(8日・レバークーゼン)に出場した際に、自サポーターからブーイングを浴びる羽となった。

 この問題に、元ドイツ代表MFシュテファン・エッフェンベルク氏がドイツメディア「Tオンライン」の取材に応じ、二人の代表追放をめた。現役時代にバイエルンなどで活躍したドイツ代表OBは、こう発言したという。

ドイツサッカー連盟が、常に発信している価値観に重きを置くとすれば、あの2選手を排除する以外の決断はあり得ない。自分とウリ・シュタインと同じ行動に出なかった、彼らの基準が見えてこない」

 エッフェンベルク氏は、かつて1994年アメリカW杯韓国戦でサポーターに中を突きたて、代表追放処分を受けた問題児として知られる。また、元西ドイツ代表GKウリ・シュタインは、当時のフランツ・ベッケンバウアー監督を「笑いもの」とり、こちらも代表から追放されていた。

「彼らがフットボール以外の部分で批判されている状況は簡単ではない。彼らの追放こそが安定をもたらす。タブロイドが、彼らの批判を続ける状況は良くない。決定は行われるべきだったんだ。ギュンドアンはサウジアラビア戦でブーイングを受けた。あり得ないほど最悪なことだ。1994年の自分だ。何度も自問自答した。いつまでこのユニフォームを着ることができるのか、あと1試合か、もっとか、本当に劇的だったよ」

 エッフェンベルク氏は、メディアサポーターから攻撃されている二人を外すことで事態を収拾し、代表チーム静を取り戻すべきだとした。


Football ZONE web編集部)

エジルとギュンドアンがトルコ大統領表敬訪問したことに批判が噴出【写真:Getty Images】