6回に巨人鍬原から1点差に迫るソロ本塁打

巨人 6-4 ソフトバンク(14日・ヤフオクドーム

 ソフトバンク上林誠知外野手が、1人気を吐いた。14日、ヤフオクドームでの巨人戦。6回裏に1点差に迫る8号ソロを放つなど、チーム一のマルチ安打とし孤軍奮闘した。

 感はなくともリストを効かせた上らしい一発だった。2点差とされた直後の6回裏2死走者なしの場面で、巨人先発鍬原拓也の低めの変化球をうまくすくい上げた。「それまでチェンジアップが多かったので」と緩い球にしっかりと狙いを定め「打ったのはフォーク。うまくとらえられました」と狙い通りに右翼スタンドに運んだ。

 「狙った球は振るようにしています。空振りもありますが、打ちにいく姿勢が大事だと思います」と上。この日は自トレの師匠でもある内川聖一が実戦復帰の2軍戦で本塁打を含むマルチ安打を記録した。試合前の練習中にその情報を伝え聞くと「打ちましたね」と少し控えめに喜んでいたが、内川の復帰弾が大きな刺になっていたのかもしれない。これで交流戦本塁打数も、打点もチームトップに。残る広島との3連戦でも大暴れを期待したい。(一都 / Kazuto Fujiura

ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】