人気シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』より、キャスト及び製作が本作で登場する恐竜についてる特別映像開された。映像では、恐竜たちをリアルに表現する最新技術も紹介されている。

 シリーズ25周年という節の年に開される本作には、シリーズ最多数を誇る恐竜が集結。第1作『ジュラシック・パーク』から登場し、今なおファンからされているT-レックスや、前作『ジュラシック・ワールド』で、クリス・プラット演じる主人公オーウェンのパートナーとして活躍したヴェロキラプトルブルーも再登場。また、前作でダイナミックな“餌やりショー”を披露したモササウルスは、本作ではパークを飛び出しの中に出現。シリーズの垣根をえた恐竜たちの共演が期待される。

 また、映像では今作から登場する新恐竜についてもられている。ワニのように大きな口を開け威嚇するバリオニクス、ドームの頭で障物などに突進するスティギモロクなど個性的な恐竜たちが登場する中、注は新たなハイブリッド恐竜インドラプトル”。前作で登場したインドナスレックスえる暴性を持つ恐竜であり、演のクリスは「人殺しの本を持つケダモノさ」とそのどう猛さについてっている。

CGアニマトロニクスを使い分けることでよりリアルさを追求している。 -(c)Universal Pictures (c)Giles Keyte

 そんな恐竜たちをリアルに再現するため、本作では「アニマトロニクス」(動物の動きを再現するロボット)という技術が採用されている。映像では、職人たちが、T-レックスインドラプトルのアニマトロニクス製作し、リモコンを巧みに操り恐竜の動きを表現する様子が収められている。『スター・ウォーズ』新三部作にも携わっているスーパーバイザーのニール・スカンランは「今の時代の映画ファンだって、実写着を持てる」と映像への自信をのぞかせる。クリスも「彼らのおかげでヒト恐竜を美しく描ける」と製作チームを絶賛している。

 こうした、さまざまな技術によって生み出された恐竜たち。本作でオーウェンやパーク責任者のクレアブライス・ダラス・ハワード)一行に襲い掛かる、暴な恐竜たちの姿にも注だ。(編集部:倉本拓弥)

映画ジュラシック・ワールド/炎の王国』は7月13日より全

シリーズ最多となる恐竜たちがスクリーンに登場! - (c)Universal Pictures (c)Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc.and Legendary Pictures Productions, LLC.