寿司定食で、タイが付くを食べると、少しリッチな気分になるのは筆者だけだろうか。やはりタイと言えば高級だし……と思っていたら、「メダイとマダイって何が違うのでしょうか?」という質問が「教えて!goo」投稿されており、本物のタイは「マダイ」と「クロダイ」だけ、との回答がついていた。これを見て筆者の胸はざわついた。今日は高級ランチ♪と喜んで食べていたキンダイアマダイタイではなかったのか!? そこで今回はタイがつくについて知っておこうと、幅広い知識での魅を伝える日本おさかなマイスター協会の事務局に話を聞いた。

キンダイアマダイタイなのか?

煮付けが有名なキンダイ刺身が美味しいアマダイタイですよね……?

キンダイタイ科ではなく、キンダイ科のです。また、正式にはアマダイというはいません。アカアマダイシロアマダイキアダイなどがアマダイ科ので、その総称でアマダイと呼んでいます」(日本おさかなマイスター協会)

タイ科とは別に、キンダイ科、アマダイ科という科があることが分かった。と同時にキンダイアマダイタイではないことが判明した。

■正式なタイ日本では13種類

「大辞」では、タイは11種類と記されている。本当のところはどうなのだろうか。

日本タイ科は現在全部で13種類です。スズキタイ科マダイ亜科のマダイタイワンダイ、チダイ、ヒレコダイ。キダイ亜科のホシレンコ、キダイキビレアカレンコ。ヘダイ亜科のヘダイクロダイ、キチヌ、ナンヨウキチヌ、ミナミクロダイオキナワキチヌに分かれます」(日本おさかなマイスター協会)

タイ」以外にも「キチヌ」という名称がつく種類が複数ある。社発行の「食材魚介大百科」では、日本では13種類のタイが存在すると記載されているという。

タイではないタイという名前がつくのはなぜ?

では、タイという名前はつくが、タイではないはどのくらい存在するのだろうか。

スズメダイスズメダイ科)、キントキダイキントキダイ科)、サクラダイ(ハタ科)など、タイ科以外でタイのつくは、日本には350種類以上いるといわれています」(日本おさかなマイスター協会)

そんなにたくさんいるとは……。どうしてタイではないタイという名前がついているのだろうか。核心に迫ってみた。

タイという名前がつく理由には諸説あります。例えば、タイ科のに体が似ていることが理由で、タイという名をつけたという説です」(日本おさかなマイスター協会)

タイと思って食べていたが、実はタイではなかったということは結構ありそうだ。正しい知識を身につけて、の恵みを美味しくいただきタイ

■おさらい

キンダイアマダイ→残念ながらタイではない。

ダイタイワンダイ、チダイ、ヒレコダイ、ホシレンコ、キダイキビレアカレンコ、ヘダイクロダイ、キチヌ、ナンヨウキチヌ、ミナミクロダイオキナワキチヌ
タイです!

タイではないのに、タイとつく350種類以上いる!!

専門プロフィール日本おさかなマイスター協会 事務局
を美味しく、賢く食べるために、の魅や素らしさを伝える「おさかなマイスター」を育て、食普及の伝師として産業界の活性化や社会貢献を担う。

教えて!goo スタッフOshiete Staff

キンメダイやアマダイはタイではない!?タイという名がつく魚の謎に迫ってみた!