ルーキー渡邉が5回失点の好投も援護できず

DeNA 4-1 ロッテ(14日・ZOZOマリン

 ロッテは14日、ZOZOマリンでのDeNA戦で延長11回の末に1-4で敗れた。連勝は3で止まり、また借生活に戻った。

 先発したルーキー渡邉啓太投手は5回失点の好投で、味方打線が2回に捕逸から奪った1点を守り切って降したが、援護は結局この1点止まり。4回に田村龍弘の右前打で本塁に突入した鈴木大地が刺されるなど、得点機を生かせなかった。

 井口監督は「渡邉はランナーを出しながらった。(交流戦終わりの)来週は試合がないので、一度下でしっかり調整してもらって、次の機会でしっかりローテに食い込んでほしい」と、間隔はくが、また先発登板チャンスを与えるという。

 7日の中日戦、9日の阪神戦と延長戦で勝ち切れない状態が続いているが「(この日も)6回ぐらいチャンスがあって決めきれない。詰めの弱さが出ている。延長になると、いいピッチャーが出てくる。その前に決めきれない」と残念がった。(細野功 / Yoshinori Hosono

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】