サッカー報道を恐れていたと明かす

 英2部ダービーカウティ指揮官に就任した、フランク・ランパード監督が、ロシアワールドカップW杯)を前にイングランド代表時代の思い出をった。チェルシーなどで活躍したレジェンドは、英国の大手ブックメーカーウイリアムヒル』がスポンサーを務めるサッカーライター協会で、かつて試合後の報道を恐れていたことを明かした。

 ランパード監督は、「試合と同じくらい、記者会見は難しかった」と言い、記者会見への出席は“交戦地帯”に乗り込むようなものだったと表現。その重圧から、要大会でプレーを楽しめたことは「一度もなかった」とコメントした。

 さらに、2016年欧州選手権でアイスランドに1-2で敗れた後輩たちを同情し、「彼らは敗退してすぐに、デイリーメールに『やってしまった』と書かれるだろうと考えていた」とった。

 イングランドは、18日のチュニジアとのロシアW杯初戦で重圧をはねのけ、スタートを切れるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

英2部ダービー・カウンティの指揮官に就任した、フランク・ランパード監督【写真:Getty Images】