世界800万部を突破したR・J・パラシオベストセラ小説を、実写版『美女野獣(17)製作スタッフ映画化した『ワンダー 君は太陽』(開中)。本作は、先的な遺伝子疾患を抱える少年・オギーと家族の成長を描いた心温まるヒューマンドラマだ。

【写真を見る】家族全員この笑顔!オギーの存在が周りを照らす、心温まる特別映像をチェック

生まれつき、“人と違う特別な顔”を持った少年・オギー (ジェイコブ・トレンレイ)は、「スター・ウォーズ」が大好きな宇宙飛行士に憧れる男の子。幼い頃からイザベル(ジュリアロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生で初めて学校へ通い始めることになるのだが…。本作は、それぞれに違った個性があることを尊重し、思いやりを持ち、受け入れることの大切さをやさしく描きだしてゆく。

今回、そんな本作からオギーの成長が垣間見える特別映像が到着。「普通の子じゃない」「いつもペスト菌扱いでに触らない」というオギーの独から始まる今回の映像では、学校で残酷な言葉を投げかけられ、からかわれるオギーに明るく話しかけてくれる友人のジャックや、オギーをやさしく見守る家族の存在が描かれる。次第にオギーの周りには笑顔で溢れていき、彼を取り囲む世界もそれに呼応するかのように変貌を遂げていく…。

「相手を知りたかったら、よく見ること」というオギ―の台詞で締めくくられる今回の特別映像。生まれつき“人と違う特別な顔”というだけでつらい思いをしてきたオギーが、学校という未知の世界に飛び込み成長し、たどり着いた答えとは?その答えはぜひ劇場で確かめてほしい!(Movie Walker・文/編集部)

10歳のオギーを演じるのは天才子役のジェイコブ・トレンブレイ