5回満塁の大ピンチ失点で切り抜ける

DeNA 4-1 ロッテ(14日・ZOZOマリン

 ロッテルーキー渡邉啓太投手が、惜しくもプロには届かなかったが、見事な投球で存在感を示した。14日のDeNA戦(ZOZOマリン)で今季4度先発に臨み、5回を78球6安打四球失点の好投。1点リードを守り抜き、勝利投手の権利を得て降した。

 7回に3番手の大谷智久代打山下幸輝に同点適時打を浴びては消えたが、ルーキーが圧巻の投球を見せたのは1-0で迎えた5回だった。先頭・佐野恵太フォークを中前打、中川大志には三遊間を破られ、死一、二塁とする。続く嶺井博希投手前に転がした送りバントを、渡邉が三塁へ悪送球。自ら満塁ピンチを招いたが、ここで大和シュートで詰まらせて浅い右飛に打ち取ると、神里和毅フォークで一ゴロから三塁封殺と2死までこぎつけた。

 なおも2死一、二塁の同点危機で打席に迎えたのは、ベテラン巧打の田中浩康。初球は内シュート、2球は速球でカウント0-2と追い込んだ後、1球ウエストしての4球、外一杯に決まるカットボールで見送り三振。2回に嶺井のパスボールで奪った虎の子の1点を守り抜いた。

「立ち上がりにんでしまったが、3回以降はコントロールを意識して投げることができた。って点を与えなかったことは良かったが、い回にマウンドを降りて先発としての仕事はできなかったかなと思う。勝つことより『0』で抑えられたのはよかった」とコメントした。(細野功 / Yoshinori Hosono

ロッテ・渡邉啓【写真:荒川祐史】