採用は相対較評価

 私たち株式会社マキシマイズが企画運営するTsunagaru就活プロジェクトでは、企業大学学生の3方向に向けてサービス提供しています。今回は、学生向けの人気企画である「表現UP講座」の内容一部を抜して、相手に「自分」のユニークさを伝えるための表現のワザ3つをお伝えします。


1.具体的でレアな強みを提示せよ
 まず、頭の中であなたの強みをパッと思い浮かべてみてください。

さて、どんなワードが出てきたでしょうか?「行動」?「効率化」?「計画性」?それとも「コミュニケーション」?これらに関連するような強みを思い浮かべた人が多いのではないでしょうか?
実は、いま挙げた4つの強みは面接官が聞き飽きてしまうほど、面接等でよく聞く強みワードTOP4なのです。

面接官がよく聞く強みTOP4

 というのも面接で強みやガクチカ(学生時代に一番を入れたこと)が問われるのは「入社後、あなたがどんな成果を挙げてくれそうか」をチェックするためです。そのため面接官にとって重要なのは、キラキラエピソード時のみ表出したような間最大速的な強みではなく、日常的に表出するようなその人のコアな部分を捉えた一貫性がある個性や強みが言えているかがとても重要になってくるのです。よくある失敗例は、エピソードの説明に一生懸命になりすぎるあまり、そのエピソードに登場する自分自身が小さく描かれてしまうことです。
自分の強みを定義する際、キラキラエピソードに引っられすぎず、多くの場面で表出する一貫性がある自分の強みや個性を大切にしましょう。その後、その強みや個性を立するのに最適なエピソードは何か、という順番でエピソードを選ぶことが大事です

多くのエピソードキラキラでなく小さくても良い)で立できる、一貫性がある強みや個性に自信を持とう。

3.2乗の法則活用せよ
 では、本題の「自分」らしい強みの見つけ方に話を移します。
最初に採用は相対較で評価されると言いました。あなたがどんなに璧な「強み」と「エピソード」を完成させたとしても最終的には周囲のライバルたちと較されるので、そのライバルたちをある程度イメージしておかなければなりません。そこで数値的なデータをもとにイメージを膨らましてみましょう。有名な就活情報誌の統計データによると人気の高い大手企業の選考倍率は1000倍以上。つまり、単純に言えば1000人に1人の人材であれば、大抵の企業から内定をもらえることになります。1000人に1人の強み。。。そうは言ってもまだイメージしづらいですよね。
 そこで登場するのが「2乗の法則です。1000人に1人からぐ―っとハードルを下げて、学校の1クラス40人の中で1番になれそうな強みを2つ思い浮かべてみましょう。そしてその2つの強みを掛け算します。すると、あなたしか持っていない強みを持った1/1600(=40[人]の2乗)の人材になれるのです。こうするとどうでしょう、非現実的だった1000人に1人という数字が少しは身近に感じられるのではないでしょうか。

このように強みは漫然と当てはめるばかりでなく、ライバルを明確に意識することが重要です。あなたらしい強みにそれぞれ2~3つのエピソードを用意して面接に臨めば、内容面ではまず優秀層に入ることができます。

コラム:面接官になろう

 表現UP講座では知識を与えるだけでなく、学びを活用する場として参加学生同士の模擬面接の機会を設けています。これによって面接を受ける側としてのスキルを上げるのはもちろん、面接する側の線に立つことで就活生は面接官のにどう映っているのかを客観的に知る手立てとなります。

面接官の視点就活生を見ると、
・姿勢や線の動き、の大きさなどが意外と気になる(がいく)。
・話が矛盾していたり、何を言いたいのか分からない(話が長いと聞く気にならない)。
・聞きながら質問していくと、内容が意外と印に残らない(細かく一人一人を覚えるのはムリ)。

など、伝えることの難しさと工夫の必要性を強く実感することができます。

配信元企業株式会社マキシマイズ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ