プレミア3クラブ以外に、酒井が所属するマルセイユバレンシアも参戦

 ドルトムントドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに、プレミアリーグ移籍の噂が浮上している。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

 ゲッツェ2014年ブラジルワールドカップW杯)決勝でアルゼンチン相手に値千の決勝ゴールを決め、ドイツ英雄となった。しかし、この4年間は苦難の連続で、バイエルンでは出番を確保できず、ドルトムント復帰を決断するも代謝障で長期離脱を余儀なくされた。

 ロシアW杯メンバーからも落選した26歳は、ドルトムント2020年まで契約を残すなか、アーセナルエバートンウェストハムが獲得に乗り出しているという。プレミア以外では日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユや、バレンシアも争奪戦に乗り出しているとされるが、アーセナルには元ドルトムントガボン代表FWピエール=エメリクオーバメヤン、そして現ドルトムントギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスも移籍間近とも報じられており、適応のリスクは低いとされている。

 引く手数多の至宝ゲッツェは、新地で全復活を期すことになるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

ゲッツェに、プレミアリーグ移籍の噂が浮上している【写真:Getty Images】