ワールドカップロシア大会の本番を前に控えた日本代表メンバーが、ちょっとだけ明るくなった。DF長友佑都金髪ヘアに変え、メンバーを和ませたからだが、裏を返せば、そうでもしなければ、チームの雰囲気は“最悪”だったわけだ。

海外メディアは辛辣です。今大会の日本代表は3大会連続出場となる選手が5人。2大会連続を加えれば、W杯経験者は11人。スペインにも3大会連続出場者が6人いますが、2010年大会の覇者ですからね。経験者のいる強豪国は若手も多く、ちゃんと新旧のバランスが取れています」(専門誌記者

経験値”以外にプラス材料がなく、こういうチーム編成に日本ファン批判的だった。

長友批判的なファンツイートで反論し、その反論の反論で炎上なんてこともありました。開き直って、『炎上大王』なんて自虐的なことも言っていましたが」(スポーツ記者

 また、8日のスイスとの親善試合で、W杯初体験のMF大島僚汰がを負傷した。長友髪形変更はこうした重苦しいチームの雰囲気を変えようとしたわけだ。

「12日のパラグアイとの親善試合でやっと勝てました。長友は『負けたら丸刈り』と自虐的なことを試合後に話していましたが」(前出・スポーツ記者

 W杯の調整試合の最終戦で出番がなかったということは、長友は本番でもベンスタートかもしれない。金髪は途中交代のアピールも兼ねていたのかもしれない。

スポーツライター・飯山満)

アサ芸プラス