高崎グラフィティ
堤幸彦映像監督・演出)、を筆頭に大根仁(演出)、平川雄一朗(演出)、小原信治(作家)といった、気鋭のクリエイターを輩出する映像制作会社オフィスクレッシェンドが次代を担うクリエイターの発掘・育成をめざして立ち上げた映像コンテスト未完成映画予告編大賞>=<MI-CAN>。 その第1回グランプリを受賞しタイトルにもなっている群馬県高崎を舞台に5人の男女青春を描いた群像作品、『高崎グラフィティ』がいよいよ2018年8月18日より高崎先行開、8月25日よりアップリンク渋谷ほか全順次開されます。 今回、ビジュアルと場面写真が新たに開されました。

川島監督の考える「青春」とは?

今回のビジュアルでは、佐藤演じる美紀、萩原利久演じる優斗、岡野真也演じる寛子、中島広稀演じる直樹、そして三河冴演じる康太が顔で一心に前を見据えるデザイン。 そしてその下には同じく5人それぞれの前に立ちはだかる将来への不安や葛、そして大人への不信感が言葉となって記されています。 見据える先にあるのは、彼らの後ろに広がるような青空なのか、様々な想いが点や線となって交錯する、いびつな落書きのようななのか... 高崎グラフィティ そして、今回新たに開された場面写真では、それぞれに抱えた問題と向き合いながらも、美紀の父親探しに奔走する姿を切り取った写真と、妙な面持ちで携帯を手にかと会話をする美紀(佐藤)。 そして意図しない犯罪に巻き込まれてゆく優斗(萩原利久)が何かを見つめる1枚などが追加で開となりました! 本作が長編映画監督デビューとなった川島直人監督は、本作の完成にあたり、「キャストスタッフ・協してくれた高崎の方々一人一人の想いや熱量、そして高崎空気感を作品に込められた気がします。自身、必死にもがく5人を見てるとにでもあった、大人でもない子供でもないあの時期のかけがえのなさに再度、気づくことが出来ました。」とコメント 川島監督の描く“青春群像劇”の行方から今後もが離せません!! 高崎グラフィティ 高崎グラフィティ

『高崎グラフィティ。』

8月18日(土)高崎先行公開、8月25日(土)アップリンク渋谷ほか全国順次公開

出演:佐藤 萩原利久 岡野真也 中島広稀 三河佐藤優手麻妙 狩野健斗 山元 駿 / JOY /篠原ゆき子 玄覺戸田 奥野瑛太 川瀬陽太・渋川 監督川島直人 配給:エレファントハウス (C)2018 オフィスクレッシェンド

<STORY>

群馬県高崎市を舞台に高校卒業式を終えてからはじまる、5 人の男女の数日間を描いた青春群像劇幼なじみの、美、寛子、優斗、直樹、康太の5人は、高校卒業してそれぞれが未来への夢や不安を抱えていた。そんな中、美紀の父親が進学のための入学を持ったまま失踪。年上の彼氏との結婚生活を夢見ていた寛子も、彼氏への不信感を募らせる事態が。自動車修理工場を営むとの確執を抱えた優斗は、ふとしたはずみで犯罪に巻き込まれていく。直樹と康太もそれぞれに心に抱えた屈折を持て余していた。クラスメイトなのにそれぞれが抱える夢や悩みも知らなかった5人は、卒業パーティー一夜をきっかけに衝突しあいながらも友情を育み、自らの人生の新たな一歩を踏み出していく...。
詳細はこちら

▼RELATED 「3分以内の予告編」映像を大根仁、堤幸彦らが審査!第2回「未完成映画予告編大賞」グランプリ作品は?

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.