たとえば、告白なしに付き合っていることになっていたり、とりあえず、体の相性を確かめてから付き合ったり。恋愛の形は人それぞれです。
でも、「私はちゃんと好きになって、ちゃんと告白して付き合いたい!」と、恋愛なのも素敵なこと。そこで今回は、私って堅いのかな…というあなたに向けて、恋愛メリットをご紹介していきたいと思います。


相手の本質を見抜ける

予感」があると、すぐに「ふたりきりになる」というシチュエーションが用意されがち。自分自身がデートに誘ったり誘われたりということだけでなく、特別な雰囲気を察した周りの人たちが、ふたりきりにさせようとしてくる、というパターンもあるでしょう。
その一方で、はやばやと「ふたりきりの世界」に入ってしまうことは、盲目にもなりやすいというデメリットも。
の前にいる相手のことを近くで見すぎてしまうので、彼が自分以外の人にどう接しているのか、どんな考え方で、どんな価値観をもっているのかが、見えなくなりがちなのです。
じっくり見極めたい、好きだと確信してから動きたい、そういう人は、安易にふたりきりにならず、みんなと一緒に遊んだり、適切な距離を保ったりすることで、広い視野で相手を見ることができる、メリットがあるのです。


告白」を経ると、長続きしやすい

告白ってすごく緊しますし、大きなギャンブルのように感じますよね。気持ちをはっきり伝えることで、失敗するリスクもあります。友達にさえ戻れない、そんなこともあるでしょう。でも、だからこそ、自分の気持ちを伝えることは、意と信頼のにもなります。
告白しないで付き合うのは楽ですが、安全圏からのコミュニケーションだけでは伝えられない気持ちもあるはず。失うのは怖いけれど、それでもしっかり伝えたいと行動すれば、きっと、相手にその「特別」が伝わります。それはあなたからの告白でも、彼からの告白でも、同じことです。
こういった告白があれば、ふたりに難しい問題が起きたときも、安易に別れようとせず、しっかり話し合おうという気持ちになれるのではないでしょうか?


最高のセックスができる

体の相性は確かに大切。とはいえ、それだけがを作るわけではありません。幸せを感じられるセックスには、彼の思いやりとか優しさとか。なにより彼にめられている実感があるはずです。
ふたりきりになると、「この雰囲気を壊しちゃダメ」「断って嫌われたら…」なんて、考えてしまうこともあることでしょう。でも、本当に彼と情を育めているのでしょうか?
体を許すことは、思っている以上に大きな影を与えます。その影は、良いときもあれば、悪いときも…。この影を良い方向にコントロールするためには、欠点に気づいても動じない強い情が必要となるのです。
また、情が深ければ深いほど、いいセックスができるもの。ふたりの間に確かに情を感じる状態でのセックスと、流されてするセックス。どちらがいいかは、考えれば明らかですよね。


おわりに

恋愛においても、「急いては事を仕損じる」「虎に入らずんば虎子を得ず」といったことわざが当てはまるかもしません。周りのみんなと較する必要はありません。ゆっくりじっくり進めていきたいというのであれば、自分の気持ちを大切にして、自分なりのをしてみてください。きっとそのには、そのならではの良さがあるはずです。(織留有沙/ライター
(ハウコレ編集部)

私って、ちょっと硬い?E?E?E?いえいえ、「真面目な恋」は低リスクです!