駐車場予約アプリakippa」を運営するakippa株式会社(代表取締役社長 CEO:金谷元気)は、サッカーJリーグの「FC琉球」を運営する琉球フットボールクラブ株式会社(代表取締役:倉士郎)と提携を実施し、スタジアム周辺にある臨時駐車場40台が、akippaにて予約可となりました。


FC琉球では、昨シーズンホームゲーム均入場者数が一昨年160増の2500名以上に増加しています。
3月11日おこなわれた「2018明治安田生命J3リーグ」の開幕戦では、4815名の動員を記録しており、入場者数は増加し続けています。


しかし開幕戦にて、沖縄県総合運動公園内の関係者駐車場及び中央口駐車場々に満になり、サポーターが駐できない事態が発生いたしました。
公園駐車場の他にも臨時駐車場はありましたが、試合開催時に活用しないケースが多いこともあり、サポーターの多くが臨時駐車場の存在を知らないというのが現状でした。
結果、臨時駐車場に案内された人のなかには、駐待ちによる交通渋滞により、試合開始時刻に間に合わない事態が発生しておりました。

今回の提携により、臨時駐車場インターネットで予約してから現地に向かうことになるため、現地で駐車場を探す必要がなく、確実にを駐めることができます。

また、akippa駐車場情報を掲載することで、臨時駐車場の存在をサポーターに周知することができ、公園駐車場の局地的な利用を緩和することが可です。
akippaにて駐車場が満の場合は、他の交通手段の利用が促進され、交通渋滞による周辺住民への影を減らしていきます。

今回の提携に伴い、FC琉球akippaコラボキャンペーンページも同日開設いたします。

■提携概要
予約受付開始日:

2018年6月15日
6月23日(土)のアスルクラロ沼津戦から駐車場のご利用が可となります)

駐車場

沖縄県総合運動公園 陸上競技場」周辺
沖縄中部療育医療センターの臨時駐車場
沖縄県沖縄市比屋根5-2-17 スタジアムへは徒歩5分
※臨時駐車場から無料シャトルバスが運行いたします。

試合によって運行時間・運行場所が変わりますので、詳細は試合前のニュースをご覧ください。

台数:
40台を予定

コラボキャンペーンページURL:
https://www.akippa.com/fcryukyu/




琉球フットボールクラブ株式会社 代表取締役 倉士郎コメント

シーズンホームゲーム均入場者数が一昨年160増の2500名以上に増加し、これまでより多くのお客様にホームゲームへご来場頂けるようになりました。しかし、試合当日は試合会場である沖縄県総合運動公園内の関係者駐車場及び中央口駐車場々と満になり、来場したお客様が駐できない事態や、車両の駐待ちによる公園内及び周辺道路の交通渋滞が度々発生しておりました。
今回、駐車場予約アプリakippa」のサービスを導入することで、会場内駐車場の混雑を緩和させることで、ご来場頂く皆様がよりスムーズに試合会場へ足をお運びになれればと考えております。


akippaでは、地方で駐車場問題を解決する「akippaパートナープロジェクト」を沖縄県スタートするなど、沖縄県駐車場問題解決をしてまいりました
FC琉球との提携においても、総合的なアクセスパートナーとして交通環境善を進めてまいります。
また、今回の提携を機にあらゆるプロスポーツチーム駐車場問題解決にも努めてまいります。

FC琉球とは

FC琉球は、日本沖縄県沖縄市を中心に県全域をホームタウンとする、沖縄県初のJリーグ加盟プロサッカークラブ
2003年設立。現在明治安田生命J3リーグに所属し、J2昇格をしています。温暖な気アジアの中心という地理的優位性を活用して、サッカーアイランド沖縄の実現をします。
http://fcryukyu.com/


akippa(あきっぱ)とは

駐車場スマホで予約して駐できるサービスです。プロサッカークラブでは、サッカーJ1リーグセレッソ大阪、今年2月には同じくJ1リーグV・ファーレン長崎と提携を開始し、スポーツの試合開催時における交通課題の解決に取り組んでいます。
https://www.akippa.com/


【本プレスリリースのお問い合わせはこちら】
akippa株式会社 広報グループ(担当:石川村)
東京オフィス:〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-5 神田駅前SKビル7階
大阪オフィス:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル9階
Tel:03-6450-6090
Email: pr@akippa.co.jp
URL: http://akippa.co.jp

配信元企業akippa株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ