トラスト株式会社(本社:東京都港区社長伊達 美和子)が、赤坂ツインタワー跡地を中心とした約5,000坪の敷地において推進している『(仮称)赤坂二丁プロジェクト』(以下、本プロジェクトという)が、今般、東京国家戦略特別区域における国家戦略都市計画建築物等整備事業として、内閣総理大臣による認定を受けましたのでお知らせいたします。

プロジェクトでは、際性が高く、江戸文化を今に伝える名所が点在する赤坂エリアにおいて、準の滞在機や訪日外国人のニーズを満たす歴史・文化発信施設等の整備により、同エリア際競争強化を推進します。また、歩行者ネットワークの強化や地形を活かした豊かなオープンスペースの創出にも取り組みます。

トラストグループは、本プロジェクト2020年工に向けて虎ノ門四丁において推進中の『東京ワールドゲート』により、伝統や歴史文化と日本各地の魅を伝える新たな文化発信拠点を構築することで、観光先進国日本の成長戦略の実現に貢献してまいります。

なお、本プロジェクトは今回の認定に基づき、都市再生特別地区の都市計画決定がなされたとみなされます。今後、東京国家戦略特別区域の特定事業として、2024年度の工をし、計画の具体化を進めてまいります。

建物外観イメージ
エントランス広場イメージ


【(仮称)赤坂二丁プロジェクト 計画概要

 所在地:東京都港区赤坂一丁及び二丁
 用途:事務所ホテルサービスアパートメント、店舗、展示施設、診療所等
 敷地面積:約15,700メートル
 延床面積:約220,000メートル
 階数/高さ:地上43階・地下3階/最高高さ約210m
 構造:造 一部筋コンクリート造
 予定工期:2019年度~2024年

計画地周辺地図


プロジェクトの特徴(都市再生貢献の内容)】
(1)際競争を高める文化発信・観光支援の導入
 1.地域内外の資活用し、集積する外国人のニーズを満たす歴史・文化発信施設の整備
 2.外国人の受け皿となる滞在施設の整備と観光情報・移動手段の提供
(2)歩行者ネットワークの強化と地の推進・防災性の向上


 1.重層的な歩行者通路の整備と広域的な電線類地中化による歩行者ネットワークの強化
 2.地形を活かした大規模地の整備(約5,000メートル
 3.環境負荷低減の取組と防災対応の強化

歴史・文化発信施設イメージ
山車展示イメージ


URLhttps://www.mori-trust.co.jp/pressrelease/2018/20180615.pdf

配信元企業トラスト株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ