交流戦MVPは勝ち越しリーグ勝率1位球団から選ばれると規定されている

 日本プロ野球交流戦がいよいよ終盤戦に差し掛かってきた。中止の代替試合が残ってはいるものの、きょう15日からのカードが各球団最後のカードに。いよいよ交流戦最高勝率球団、勝ち越しリーグを争う戦いが決着の時を迎えることになる。

 今季はここまでヤクルトが11勝3敗の貯8で首位。2ゲーム差の2位に9勝5敗のオリックスがつけ、3ゲーム差の8勝6敗で西武ロッテソフトバンクが追いかけている。6位の日本ハムまでは14試合を消化し、各チームが残り4試合。15日の結果次第では、ヤクルトの最高勝率チームが決定する。

 セ・パのリーグ間の対戦成績は現在4440敗でパ・リーグが4つの勝ち越しとなっている。ここで、だ。今季の交流戦では、過去交流戦ではかった史上初めての、とある“ねじれ現”が起こる可性が出てきているのだ。

 今季で14シーズンを迎えたセ・パ交流戦。これまでの13回中12回でパ・リーグが勝ち越し、うち11回でパ・リーグ球団が最高勝率チーム2014年までは優勝チーム)にいている。2014年までは優勝チームからMVPが選ばれることになっており、13回の歴史の中で、パ・リーグが勝ち越しながらセ・リーグ巨人が優勝した2014年MVP亀井善行が選ばれていた。

現状のままであれば、ヤクルトVも、MVPオリックスから

 それが、今季はこれまでにかった“事”が起きるかもしれないのだ。ここまで交流戦首位はセ・リーグヤクルトだが、勝ち越しているのはパ・リーグだ。このまま決着となった場合、交流戦MVPヤクルトからは選ばれない。

 2015年から「交流戦MVP」は勝ち越しリーグ勝率1位球団から選出すると定められている。現状の順位に照らし合わせると、ヤクルトからではなく、2位オリックス、例えば吉田正尚金子千尋山本由伸、増井浩俊らから選ばれることになるのだ。

 さらには各球団に与えられる賞額にも“ねじれ”が生まれる。このままいくと、ヤクルトに贈られるのは勝率1位チームへの賞500万円。だが、2位オリックスは勝ち越しリーグ勝率1位球団として1000万円を、3位の西武にはヤクルトと同額の500万円を得ることになる。2014年までは優勝チーム3000万円だったが、2015年から変更された。

 NPBはセ・パのリーグ間の争いを演出したいようだが、ファンや選手にとっては贔屓の球団が勝ち、同一リーグの他球団が全て負けることがペナントレースを戦う上で“最もオイシイ”展開。同一リーグの球団が勝てば勝つほど、順位に与える影が小さくなってしまう。その思惑とは裏に、ファンにとってはリーグ間の争いはさほど重要ではないのが実状でもある。

 勝率1位球団になっても、MVPは選ばれずに、賞額も2位より低額…。そうなれば、なんともスッキリしない結末となってしまうだろう。(福介 / Yusuke Fukutani)

現在、交流戦首位に立つヤクルト・小川監督【写真:荒川祐史】