株式会社マンションマーケットは、運営するマンション相場情報サイト「マンションマーケット(※1)」のデータ用いて、東京メトロ9路線を対に、各沿線の徒歩10分圏内にある2007年築のマンション価格(単価)を算出。2017年2018年単価を較し、価格上昇率が高い順にランキングを作成しました。
※調概要


■調結果
1位銀座線」沿線のマンション価格上昇率は?
東京メトロの9路線の中で堂々の上昇率トップ銀座線です。銀座線沿線マンションの価格上昇率は7えています。具体的に上昇率が高かった銀座線、および物件と上昇率は以下のとおりです。
このように、浅草田原町などの下町エリアも上位にありつつ、青山や虎ノ門、日本橋と言ったような都心一等地もランクインしています。この下町エリア都心エリアは分けて考えた方が良いでしょう。下町エリアは東東京エリアの評価が上がり、都心エリア二のエリアという点を評価されている違いがあるからです。

◆下町エリアが上昇した理由
下町とはいえ、上野駅新幹線も停するターミナル駅であり、東京駅とも近く、東西南北どの方向にも行きやすいです。また、浅草田原町も、銀座線都心へ行きやすいですし、ターミナル駅上野へも近いです。

しかし、一方で西東京エリアべるとネームバリューは落ちます。たとえば、路線でいうと東急線、でいうと「自由が丘」「広尾」「中目黒」「白金」などにべると、マンション価格は格段に安いです。しかしながら、交通利便性でいうと、都心への近さや路線の多さではむしろ東東京エリアの方が優れています。

このように、交通利便で考えると割安な物件が多い点などから、東東京エリアの需要が増しマンション価格も上がったというわけです。もちろん、西東京エリアもマンション価格も上がりましたが、元々価格が高かったので上昇「率」に換算すると低くなります。

都心エリアが上昇した理由
一方、青山や虎ノ門といったエリアは、都心の一等地のエリアなので、ほかのエリアにはない魅があります。そのため、どのような状況でも一定の富裕層からのニーズがあり、マンション価格は中々落ちにくいエリアなのです。現在全体的にマンション価格が上がっているので、一等地であるエリアも例外なく上がっていったと言えるでしょう。


※本調結果はマンションサプリ(※2)でもご覧いただけます。
東京メトロ9路線、最も資産性が高いのは?
https://mansion-market.com/sapuri/2018_tokyometro_assets/

(※1)マンション相場情報サイト「マンションマーケット」:https://mansion-market.com/
約11万棟以上のマンションの相場価格(資産価値)や、過去の価格推移、賃料相場などを開しています。

(※2)「マンションサプリ」:http://mansion-market.com/sapuri/
相場や市場動向などの専門性の高いものから、これからマンションを購入しようとしている方にもわかりやすい知識系まで、様々な内容の記事を掲載。マンションにまつわる、知っておくと便利な情報、知りたい情報等をあらゆる度から総合的に配信しています。


株式会社マンションマーケットとは?
ライフステージに合わせ、自由に住まいを選べる社会」の実現をし、「不動産の情報を整理し、最適なカタチで届ける」と「多様な不動産取引サービスを増やす」ことをミッションとし、不動産サービス提供しています。
運営サイトhttps://mansion-market.com/)では、全の11万棟以上のマンションの相場情報(資産価値)や、過去の価格推移、賃料相場などを開しています。またサイト運営と同時に、中古マンションの売買仲介も行っており、経験豊富なコンサルタントが仲介のサポートをします。

法人概要
法  人:株式会社マンションマーケット
設  立:2014年5月
代  表:吉田(代表取締役
代表電話:03-6264-3650
会社URLhttps://corp.mansion-market.com/

配信元企業株式会社マンションマーケット

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ