大阪発祥の「サバ6製麺所」は、サバの旨みのラーメンが売りで、大阪で急成長している。 2018年6月13日東京に初出店ということで、J-CASTレンドでは速、オープンしたばかりの成学園前店におジャマした。

しょうゆと2種類のサバ節を入れた「サバ油」

サバ6製麺所」は、大阪府内に13店舗、神戸仙台に各1店舗を展開する。東京では成学園前店でしか食べられない。看メニューの「サバ醤油そば」(単品で750円、サバ寿司セット1050円、半やきめしセット1000円)を注文した。

スープガラベースにし、醤油しょうゆ)と2種類のサバ節を入れた「サバ油」を加えて作られている。サバ節はカツオ節とは香りが違うものの、想像していたようなの臭みは全くなかった。濃厚でこってりしたスープにはもちもちのストレート中太麺が沈んでいて、スープのうまみがたっぷり絡んだ麺。チャーシューメンマ白ネギカイワレダイコンが浮かぶスープを一口飲むと、口の中に濃厚な醤油の香りが広がる。

麺が半分なくなったころにテーブルに置いてある切りのニンニクプラス。更にまろやかなスープになり、味の変化も楽しめる。

ふっくらサバ、イチオシのやきめし

こってりラーメンを食す合間にサバ寿司生姜がさっぱりとしていて相性がいい。サバ自体も身がふっくらしていて美味しいおコメを使っており、こだわりが垣間見られる。

店のイチシセットは半やきめしということなので、こちらも注文。醤油の香りたっぷりで中華料理店顔負けの味だ。

ラーメン醤油系、博多トンコツ、味噌・・・たくさんのジャンルがあるが、初めて食する「サバラーメン」。つけ麺は、成学園前店では7月からの提供とのことで、そちらも期待が高まる。

* 記事内容は開当時の情報に基づくものです。<J-CASTトレンド>

trend_20180614193208.jpg