訪日中人の数が増え続けているとは言え、中国には歴史問題などを理由に、日本に対して否定的な感情を持つ人は少なからず存在する。こうした中国人日本を訪れるどころか、日本について言及するだけでも怒りを示すことがあるというが、中国メディアの網易はこのほど、「日本を知ろうとしないのは、あまりに勿体無いことだ」と論じる記事を掲載した。

 記事は、まず中国人日本に対する感情は非常に複雑であることを摘し、日本文化に触れ、日本のさまざまなものに対して好感を抱いている中国人がいる一方で、日本のあらゆるものを排斥し、日本を訪れる同胞すら蔑視するほどしく日本を敵視する中国人もいると紹介。

 日本を敵視する中国人は当然のことながら、日本旅行で訪れることもなく、深く知ろうともしないと摘しつつも、日本には中国が学ぶべき点も多く、そうした意味で日本を知らないというのは「勿体無い」ことであり、自をさらに成熟させるための機会を自ら放棄しているのと同じとの見方を示した。

 続けて、中国が学ぶべき日本の美点として、「信用を重視する社会」であること、「礼儀を重んじる文化であること」、「民の民度が高いこと」、「社会の管理が厳しくなく、人びとの自に任せた管理であること」などを挙げた。確かに中国では社会の管理が非常に厳しく、特に政治面においては監視・統制が徹底された社会であると言えるだろう。また、中国ではありとあらゆるものの偽物が流通し、食べ物も安心して口にできないほど粗悪品が出回っているが、こうした問題の背後には、民度だけでなく、信用の欠如もあると言えそうだ。

 記事には中国ネットユーザーから多くのコメントが寄せられており、「政治的な問題を抜きにすれば、中国人日本人に学ぶべき点が多いのは紛れもない事実」、「確かに日本人の自らをする精性は中国人にとって恐怖だ」といったものが見られた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

日本を知らないだと? それは「あまりに勿体無いことだ」=中国メディア