近頃日本でも悪な事件が増えつつあり、もはや日本平和である・治安が良いと言う時代ではなくなりつつあります。常に新しいタイプの人間がをはびこり、それに々は立ち向かっていかなければならないのです。よく考えれば自分の身は自分で守るのが当たり前なのですが、なかなかいざというときにはそうはいかないのです。
ーベルトは護身用に使える?
あの新幹線の事件後、非常に乗り心地の悪い乗り物ととなってしまいましたが、もしものときは座席のクッションを立てにすることが出来ることが判明しましたね。しかしそんな座席も使えない状況ではどのように戦えばよいのでしょうか。

ということでとあるツイートが話題となっております。どうやら、立ち向かう際に「ベルト」を使うと効果的とのこと。

ベルトを手にぐるぐるまきにすると、ある程度物を防ぐことが出来るということです。しかし「ナタ」では立ち向かえないなどの意見もあります。
結局防備で立ち向かうよりも、衣類を使っていくらか防御を高めるのは有効のようです。確かに素手よりもいくらかは物を防げるかもしれません。

もちろん、立ち向かうのではなく逃げるというのも選択肢ですが、今回のように密室で逃げることも出来ないなんて言うときには使えるのではないかと、ベルトのツイート13000以上のいいね!がついております。

結局、相手のが極めて高ければ、どんな攻撃も交わすことは出来ないでしょう。
相手のスキルも分からず立ち向かうのも謀過ぎる。
やはり、護身術等で自分の身は自分で守るしかいのでしょうか。


画像掲載元:いらすとや

サンデーたまちゃん


画像が見られない場合はこちら
緊急時、護身用に「使える日用品」が13000いいね!拡散