2018年11月に、「市川海老蔵 古典への誘(いざな)い」演が、東京フォーラムを皮切りに、
神奈川県関内ホール他、全14ヶ所26演にて上演が決定しました。
 今年で6年に突入した「古典への誘い」。様々な演をご覧いただく中、やはり全の皆様に成田屋の
歌舞伎十八番”をご披露したいという想いが募り、今回の演で実現しました。十八番の中で選んだのは、
上演が途絶えていた演海老蔵が、第一回市川海老蔵演「ABKAI」で復活させ大きな話題となった『』。歌舞伎特有の「押戻」という手法を用い、海老蔵が三役を相勤めます。古な中にも新しい感覚を取り入れた舞踊劇にご期待ください。
 また、本演は9月にも開催が決定しており、9月演を含めると23ヶ所46演を予定しております。

市川海老蔵より>

 「古典への誘い」が今年で6年を迎えましたのも、ひとえに皆さま方のご支援とご後援の賜物と心より感謝申し上げます。
今回皆さま方に披露いたします『』は、歌舞伎十八番を全て復活させることを標にしていた私が、2013年の自演「ABKAI」で上演しました、思い出深い演でございます。もっと多くのお客様にご観劇頂きたいと思い、歌舞伎十八番の中で今回、『』を選びました。
 何卒、ご来場賜りますようお願い申し上げます。

市川海老蔵 古典への誘(いざな)い・11月
演期間】11月5日()~11月30日()
【演】一、和太鼓
    二、『ご挨拶市川海老蔵
    三、上・『子守』市川太郎/下・『三社祭』市川次・大谷
    四、歌舞伎十八番の内『市川海老蔵

※チケット一枚につき、パンレットが付きます。(一部の演は除く)

公式ホームページhttp://www.zen-a.co.jp/koten2018-11gatsu/
【総合問合せ】Zen-A(ゼンエイ) TEL03-3538-2300[平日11:00~19:00]


企画市川海老蔵 【制作株式会社3Top 【制作】全栄企画株式会社株式会社ちあふる
【協松竹株式会社

配信元企業:全栄企画株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ