着物に使われる染色法には江戸小紋、絞り染め、染めなどさまざまな方法がありますが、着物の染色法の代名詞とも言えるものの1つが「友染め」ではないでしょうか?

今回は、貞享5年(1688年)に刊行された、友染めに関するとても重な資料「友禅ひいながた」開します!と、そのまえに、友染めの歴史を少し振り返ってみたいと思います。

幕府の奢侈禁止令のおかげ?で誕生した友禅染め

着物の染色で用いられるようになった友染めの歴史江戸時代前期までさかのぼります。当時とても着物は、刺繍や、布に箔を貼り付ける摺箔という技法を使い模様を作っていましたが、幕府の奢侈(しゃし)禁止令、いわゆる贅沢禁止コールがかかります。

この奢侈禁止令によってこれまでので贅沢な着物を着たり売買することができなくなってしまいました。そこで、この禁止令に触れずに着物やかな模様で飾る方法が模索されます。そのときに、防染糊を使用して鮮やかな染色をする技法が採用されることになります。

この技法が今、友染めとして伝えられているものですが、友という名前は、当時、京都で扇絵師をしていた人物の名前からきています。それが宮崎斎(みやざきゆうぜんさい)という人物。友斎はおそらく当時の屋などに依頼を受け、着物に模様を描いたのでしょう。友斎が手がけた着物が評判を呼び、広まっていく中で「友染め」という名が確立していきました。

この友染の技法自体は、友斎が着物に使用する以前からあったようです。

友禅染めの必見書物「友禅ひいながた」

染が人気を博していく中で「友ひいながた」という書物が出版されます。「友ひいながた」は貞享5年(1688年)に刊行されたもので、友染の技法や友染めで使われる模様などがまとめられていました。著者は宮崎斎ではなく、染工の友尽斎清親(ゆうじんさいきよちか)という人物です。


当時の屋には「友ひいながた」が置いてあり、お客さんはこれを見ながらどのような着物にしようか決めていたそうです。

現在でも「友ひいながた」は、友染めの歴史デザインる上でよく取り上げられることがある書物で、友染めにとってとっても重な資料になっているんですね。

最後に、今回はこの「友ひいながた」を紹介します。「友ひいながた」が刊行されたのは1688年のことですが、大正15年に複製版が作られ、国立国会図書館に所蔵されています。

それでは、友染めの重な資料「友ひいながた」をどうぞ!

「御所都今様 友禅ひいながた 小袖 1巻」を見る

「御所都今様 友禅ひいながた 小袖 2巻」を見る

関連画像