1点リードの7回に登板し、2つの三振を奪うパーフェクトリリーフ

 ダイヤモンドバックス平野佳寿投手が14日(日本時間15日)、本拠地メッツ戦に2番手で登板して1イニングを失点に封じた。1点リードの7回にマウンドに上がると、3者退のパーフェクトリリーフ。18試合連続失点、防御率1.50とし、チームも5-2で快勝した。

 ダイヤモンドバックスは初回に先制点を許したものの、2回にマルテの適時打で同点とすると、3回にはゴールドシュミット13号ソロを放って勝ち越しに成功。4回にもペラルタが13号ソロを放ってリードを広げた。

 平野は、6回3安打2失点と好投した先発のコッチの後を受けて、1点リードの7回にマウンドに上がった。先頭のバティスタには3球連続ボールの入りとなったが、フルカウントからのスプリット空振三振に。続くスミススプリットで二ゴロに抑えると、メソラコにはられたものの、9球スプリットバットを切らせた。

 危なげのない、璧なリリーフを見せた平野はこれで18試合連続失点。ダイヤモンドバックスはその裏に押し出し四球で1点を加えてリードを広げた。8回に登板した3番手ブラッドリーがソロ本塁打を浴びて再び1点差に迫られたが、その裏にペラルタがこの日2本本塁打を放つなど、ソロ2本で2点を追加してリードを広げた。ナ・リーグ西地区首位のダイヤモンドバックスは38勝30敗の貯8とし、試合のなかった2位ドジャースとの差を2.5ゲーム差に広げた。(Full-Count編集部)

18試合連続無失点となる好救援を見せたダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】