ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長伊藤、以下、SDB)はLINEの機を拡し、顧客管理や販促をより便利にすることができるツール、「セールスマネージャーLiny(リニー:以下リニー)」の新機2018年6月14日付のアップデート表した。

リニーは2017年2月リリースされてから、毎バージョンアップを繰り返しているが、今回のアップデートは先日(2018年6月4日LINE社が表した「Messaging API」の新機である、「LINE Front-end Framework(以下、LIFF)」を活用したもので、「ユーザーの離脱防止やCVR向上にも期待ができる」と業界内で注されている。

な機としては、リッチメニューボタンルーセルネルを使って、トーク画面内にオーバーレイで回答フォームなどが開ける「LIFF回答フォーム」というものが注ポイントだ。


LIFFを活用することでCV率やUIの利便性向上の効果―
この機活用することで、LINEトーク内でのフォーム入率の向上や、ユーザーに負担のないユーザリティを実現ができるようになり、他にもLINEトーク内で独自のアプリが作動できたりと、アイデアと使い方次第で無限の可能性に秘めている。

LINEトークルームとウェブページを行き来する操作を、よりシンプルかつ直感的な操作に置き換えることができるため、顧客情報の入や商品の注文操作もより円滑になり、離脱を防ぎ、CV率の善に活用できる。
特定のアクションで、フォームがポップアップ表示される仕様がトーク内で簡単に実現できる
Linyの管理画面。リッチメニューのボタンを押すと「LIFFフォーム」が呼び出され、トーク内にオーバーレイ表示することができる。設定方法も簡単な操作で初心者でも活用ができるように作られている。

LIFFフォーム」をリッチメッセージやリッチメニューと組み合わせることで、よりユーザーの行動を促しやすく、よりLINE内でのセグメント情報を獲得しやすくなる…というメリットがある。


500社以上のLINEマーケティング効果を高めている―
リニーは「不動産仲介・人材採用・買取リユース・ブライダル・人材派遣通販スポーツジム・飲食店」などを中心に、LINEの顧客管理と販促プロモーションを強化し、導入500社以上で成果を出しているが、この「LIFF回答フォーム」を皮切りに、今後LIFFを使った様々な新機実装により、クライアントへのLINEを使ったマーケティング効果をさらに高める事を視野に入れている。

■常に最新のAPIをいちく導入しサービスへ反映―
LIFF」と並んで、業界が注しているAPI「FlexMessage」に関しても、個別開発オプションとしての提供を開始。また通常機としての提供も準備を進めている。
LINEの新API機能「FlexMessage」のLiny活用事例。Linyのセグメント情報を利用し、ユーザーごとに明細を発行したり、カレンダーでサービスの予約を直感的に行えるUIを実装でき、ユーザー側の利便性を高める効果が期待できる。
常に現場で得たノウハウやフィードバックリアルタイムツール善へとつなげ、スピード感のあるツール開発も多くのクライアントにリニーが支持されている理由の1つでもある。

あらゆる業界でLINE活用した戦略に注がされているが、リニーのようなツールで、そういった販促やプロモーションをより効果的に行える企業が増えばとSDBの営業やエンジニアは考えている。

2018年7月4日()~6日()の販促EXPOへもブース出展―
また同社はリードエグジビションジャパン催の「第10回販促EXPO」にも出展予定で、より多くの企業の販促・WEB担当者への認知拡大に注する予定だ。
リードエグジビション ジャパン株式会社主催「2018年Japan IT Week 春」へ出展時の様子

[ 第10回販促EXPO ]

2018年7月4日()~6日()
10:00~18:00 [最終日は17:00まで]

今後の活動に興味をお持ち頂ければ幸いだ。
翔泳社「MarkeZine」取材時の様子
ソーシャルデータバンク株式会社について】

エンジニアであり、様々なシステム開発を行う、代表取締役伊藤を中心に結成。
LINEの機を拡する顧客管理ツールLinyの開発とマーケティング事業を展開する企業である。


【セールスマネージャーLinyについて】

LINEの機を拡し、顧客管理と販促の機をより便利にするクラウドツール
導入企業500社をえ、あらゆる業種業界の顧客管理や販売プロモーションの利益向上に貢献している。

http://line-sm.com


【リニーのLINEに友だち追加で機を体験できる】

https://liny.site/lp/26/17hn

配信元企業ソーシャルデータバンク株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ