71カンヌ国際映画祭で、日本映画として21年ぶりに最高賞・パルムドールを受賞した是枝裕和監督の最新作『万引き家族』(開中)。都会の片隅で犯罪によって結び付けられた“家族”を描きだした本作で、ひときわを集めているのが現在11歳の新桧吏だ。

【写真を見る】子役らしからぬ大人びた一面を垣間見せる城桧吏

劇中ではリリーフランキー演じる父親・治とともに万引きに手を染め、幼い少女ゆりとして受け入れ面倒を見ていく祥太役を演じた。『誰も知らない』(04)で第57カンヌ国際映画祭男優賞を史上最年少で受賞した楽優弥を彷彿とさせる少年を演じきった彼の素顔は、スクリーンの中とは対照的にキラキラく瞳の持ちだった。

カンヌ、楽しかった!」と満面の笑みで、世界中の映画人にとって憧れの場所で過ごした数日間を振り返る。「日本はそこら中にゴミガムが落ちているけど、カンヌは一切そういうものが落ちていないんです。全体的にベージュ色の並みが綺麗で、そこにいる人たちもみんな親切でした」と鋭い視点カンヌの魅ると「映画を観てくれた人からをかけられた時に、も有名になったなあ〜って思いました(笑)。『ボンジュール』と『メルシー』だけ覚えておいたのでなんとかなりました(笑)」とあどけない表情。

是枝監督の演出方法として広く知れ渡っているのは“子役に台本を渡さないことで、リアリティを引き出す”というものだ。その演出方法について、実際に台本を渡されなかった子役はなにを思うのか?「最初のほうは先の展開がなかなかわからなくて…それにセリフを忘れちゃってないかな、ということが気になりました」とははにかみながら明かす。「でも、撮影が進むにつれて少しずつ内容がわかるようになって、どこからどうやって撮影するのかもなんとなくわかってきました」と、俳優としてのポテンシャルの高さを見せつけてくれた。

台本がない代わりに、是枝監督からは「祥太になりきる」という演出を受けたと明かす。「最初は悪気なく万引きをしていたけど、柄本明さん演じるやまとやのおじさんに『にはさせるなよ』と言われてから、万引きはダメなのかなって思い始めるんです。終盤の病院シーンでは、家族のことを思い出して、もう会えなくなるのかなって考えながら演じました」。

本作のテーマ家族”について、なりの考えをいてみると、自身と母親、そして幼いとの関係を例に挙げて「相手のことをなんでも知っていること」と回答。「お母さんが後悔することをなんでも知っていて、前もって『やめたほうがいいよ』って言ってくれるんです。だからが後悔しそうなことは教えてあげるんです。『ソファからジャンプしたら必ず怪するよ』って。それでもジャンプして、足を引っかけて転んだりしますけど(苦笑)」。

また劇中で描かれている“万引き”と“貧困”という現代の日本を取り巻く社会問題について、11歳の少年にはどう映っているのか?は「貧しくても、万引きは悪いことだと思う」と断言。そして「精一杯頑っても、そうしなきゃいけなくなることはちょっと…」とじっくり考えながら、答えに詰まる様子。「ちゃんと勉強したほうがいいことがいっぱいあると思うし、みんな幸せになるんじゃないかなって思っています。は全然勉強してませんけど(笑)」。

さらに「がこれまで教わってきたなかで、一番大事にしていることは『人を大切にすること』です。喧することがあっても、話し合いで解決しようって心がけています。話し合って、どちらも謝ったらそれで喧は終わるんです」と持論を展開。子どもらしい純さだけでなく、大人顔負けの冷静な考え方も垣間見せた。本作で共演したリリーフランキーに憧れていることも明かしてくれた彼が、今後俳優としてひた走っていく姿がとても楽しみだ。(Movie Walker・取材・文/久保田

『万引き家族』で注目を集めた新星・城桧吏の素顔に迫る!